I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entry.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/11/22 / 01:55

・・・を始めて、2週間余が経過した。

人並みの生活をしている自分に驚くと共に、やはり守るものが出来ると、人生に対する意識は大きく変わる。これまでは、「男一匹、何処で死のうが自分にケジメがつけられりゃそれでいいだろ!」と思っていたのだが、そういうわけにはいかなくなった・・・という当たり前の事実を噛みしめる今日この頃である。

そんなわけで、日々の仕事をこなしつつ、週末は気分転換を兼ねて、海を見に行ったり外へ飯を食事をしに行ったりしているわけですよ。

先ずは神保町のビアレストラン「ランチョン」にて。

DSC_2951.jpg
見た通りのオムライス。ザ・洋食!である。

本当はハヤシライスにしようかと思っていたのだが、此奴に呼ばれた(笑)まさに洋食の王道。ふんわり玉子包まれたにチキンライス。昭和の子供達が大好きだった「懐かしいあの味」である。

DSC_2952.jpg
ミートパイ。

存外に大きくて嬉しい驚き。パイの中にビーフシチューを仕込んである。寒い季節にはほっこり暖かくなる一品。

次。

地元、横須賀の「市場食堂」にて。

DSC_2955.jpg
白子のポン酢和え。

昔から、白子は大好きだ。生でもホイル焼きにしても美味い。これが食べられれば羊の脳味噌くらい楽勝でイケる(笑)

DSC_2956.jpg
グラタン・コロッケ。

魚中心メニューだが、揚げ物や焼き物も充実。居酒屋で食べるコロッケって、意外と美味いのだ。

DSC_2957.jpg
メゴチの天麩羅。

相方は生粋の京女なので、メゴチの天麩羅とか、コロッケ蕎麦を此方に来るまで知らなかったらしく、ある種のカルチャーショックを受けていたのだが、相方はシークァーサー・サワーを、俺はジンジャーエールを飲みつつ、こういう揚げたての天麩羅を摘むのもいいもんだ。

DSC_2954.jpg
見た通り。鶏唐揚げのタルタルソースかけ。

DSC_2958.jpg
これも見た通り。イクラの大根おろしあえ。

俺は昔、大根おろしってのが大嫌いだったのだが、やはり年はとるもんだ。最近はちゃんと食べられるようになった(苦笑)

この他にも、毎度おなじみの刺身の船盛と穴子の天麩羅を食べている。

ラスト。

最近、ぐるぐる寿司に行くようになった。「くら寿司」に入ったのは、以前、横須賀にいた時が最後だから、もうかれこれ8年とか10年前の話である。しばらく行かないうちに、こんなインダストリアルな(!)店になっていたとはお釈迦様でも御存知あるめぇ。

DSC_2964.jpg

ガキの頃読んだ、学研とかの「UFO百科」みたいな本にイラストで出ていた「葉巻型母船(宇宙船)から次々と地球に向けて発進していく空飛ぶ円盤」にしか見えない構図が堪らない。未来都市の「動く歩道」みたいに高速ベルトに乗って届けられる握りずしや天麩羅(!)、カレー(!!)といった料理も楽しい。最近のぐるぐる寿司って大人も子供も楽しめる食のアミューズメントパークなのだな!と改めて思った次第。

そんなこんなで、食後は車に乗って海を見に行く。横浜のような観光地&工場地帯と違い、横須賀のいい感じで田舎で自然が残る風景、そして海は優しさに満ちている。高いビルが殆ど無いというのもあるのだろうが、空と海との比率が7:3だというのがとても気持ちいい。

DSC_2967.jpg
走水海岸

DSC_2968.jpg
観音崎を回って、たたら浜。ゴジラの上陸地点・・・らしい。

DSC_2974.jpg
久里浜港に千葉から東京湾フェリーがやって来た。

というわけで、おやすみなさいまし。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/10 / 01:50

いやぁ~、暑い!

11月に入ったとは思えぬ暖かさで、またフード付きスウェット復活。革ジャンは壁の吊るしオブジェに逆戻りである。そんな折も折、諸事情あって予定より3日早く、京都から相方がやって来た。今回は仕事の絡みで1カ月の長期滞在である。夜8時に新横浜まで迎えに行き、その足で横須賀へ下って遅い晩飯。

_20151105_234334.jpg

_20151105_234354.jpg
長旅、お疲れさん!やはり食べないと力は湧いてこないからね!!

土曜日は横須賀中央で買い物がてら昼飯。

_20151107_120128.jpg
豚バラ定食と・・・

_20151107_120057.jpg
刺身盛り合わせ

土曜日、相方は家に残って仕事。俺はひとつ前のポストの通りライヴ。会場に向かう途中、神保町「共栄堂」で腹ごしらえ。本当は「ランチョン」に行ったのだが通された席が気に入らなかったので辞去して階下の共栄堂でハヤシライス。そして焼きリンゴ。

DSC_2906.jpg
これを食べると「あ~、冬だなぁ!!!」と実感する。

日曜日は相方共々、銀座へ移動。仕事のセッティングを終えてお疲れ様!7丁目の「ライオン」へ。

DSC_2916.jpg
サーモンのカルパッチョサラダ

DSC_2918.jpg
サーモンのステーキ

DSC_2920.jpg
洋食の王道。紙カツレツ。

この薄く叩いたビーフカツレツは本当に堪らない。有楽町駅前の老舗ビアレストラン「ニュートーキョー」が閉店してしまい、この界隈で紙カツレツを食べられるビアレストランは、多分「ライオン」だけなのでは?!

DSC_2917.jpg
ホタテのステーキ。

DSC_2921.jpg
此方も洋食の王道、オムハヤシ。芳醇なバターとドミグラスソースの香り、そして玉子の食感、チキンライスの旨味。最高!

そして代休の月曜昼。

店内改装で約1か月ぶりの新装開店初日、「デリー」銀座店で昼飯。

DSC_2924.jpg

昼飯のコンボ。カレー2種、チャパティ、サモサ、タンドーリチキン、サブジ、サラダが付くボリュームの一品。カレーはマンスリーのチキン・ハイデラバーディとベンガルを選ぶ。今月のチキン・ハイデラバーディ、ココナッツとカレーリーフの味わいが非常に美味。一見、マイルドに見えるがガッツリ辛い。液状のベンガル共々御飯によく合う。これはまた食べに来たい美味さの月替わりカレーである。

「デリー」銀座店、改装して店内は明るくなり、席も広くなった。しばらく行かないうちに、チキン65もメニューに加わっている(ディナーからの提供らしい)。これからも期待、大の安定&高品質店。


/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/03 / 20:16

写真が余ったからおまけ。

横須賀市内のインド料理店編。

横須賀中央大滝町「ロイヤルキッチン」

_20151028_211756.jpg
マトン・ビリヤニとダール・タドカ

スティームドではなくフライドなビリヤニだがバスマティライスが使われており味も良い。ライタがちゃんとついてくるのもポイント高し。

_20151028_211714.jpg
チキン・ティッカ。ごくごく当たり前のチキンティッカ。この料理については美味い不味いって無いのではないか、とすら思えるほど何処の店で食べても基本的に同じ味。

次。

馬堀海岸「デリシャス」

最近できた店。23時まで開いているので仕事が遅くなったときに便利。

DSC_2808.jpg
マッシュルーム・プラオとポークマサラ

この店、以前にも書いた通り豚肉のカレーがあるのがミソ。

12189914_940340179380169_4312827249669973571_n (1)
マトン・ビリヤニとダール・タドカ

上にある「ロイヤル・キッチン」の同一メニューと雲泥の差なのが一目でお分かりいただけるだろう。典型的な手抜きビリヤニだが、まぁチェーン店にはありがちといえばありがちなお話で・・・こんなところで神保町/小川町「シャヒ・ダワット」みたいなビリヤニが食べられるなんて初手から期待していないので想定の範囲内。

12038340_936512839762903_5079449981459750124_n.jpg
チキン・ティッカ。先述の通り。何処で食べても基本的に同じ味(笑)ケチャップで手抜きも想定の範囲内。

DSC_2842.jpg
見た通り。サモサ2個。

口の中がイモでもさもさするので滅多にサモサは食べないのだが魔がさした。案の定、もさもさしたので当分食べない。

1896945_937364569677730_5163029486638376954_n_20151103200723556.jpg
チキン・ド・ピアザ

これもビンダルーと並んで開店以来頼んだ客は多分、俺しかいない筈だ(笑)

次。

堀之内駅前「シタール」

12187711_939843092763211_4698210873298968216_n.jpg
カリミリッチ・チキンカレーとズィーラ・ライス

御飯が油でねっちょりしたズィーラ・ライスでこれまた比較対象になってしまうが「ロイヤル・キッチン」の同メニューとは雲泥の差。カレーは極々標準的な味だが少しスパイス感が希薄。食ってる最中、隣のテーブルにクソうるさいガキ連れ6人のクソファミリーが来たので席を変えてもらい、早々に食して退散。

横須賀に来て以来、インド/ネパール料理店は彼方此方行ってみたが、やはり最高なのは久里浜の「ナーガラジャ」と断言したい。次点は「ロイヤル・キッチン」。あとは基本的に横並びだと思う。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/11/03 / 19:50

11月・・・といえば SAMHAIN "November Coming Fire" に決まっている

・・・が、日記の内容はSMHAINとは全く関係ない。メシの写真が溜まったから出しておく、という Soul Discharge ならぬ Food Dischargeである。

最近、また顔を出すようになった神保町「ランチョン」

DSC_2855.jpg
ハヤシライス

12191941_939361536144700_203728652896455408_n.jpg
ホタテのフライ

同じビルの地下一階に入っている「共栄堂」同様、バターの香り濃厚なハヤシライスというのは実に良いものだ。

12063809_939362326144621_2518874155679681900_n.jpg
因みにこの日は神保町ブックフェスティヴァルだった。

次。

先週土曜日は新宿4丁目のバーで知り合いの方が踊るショーがあったのでお邪魔してきた。その前に3丁目「サンサール」で腹ごしらえ。

DSC_2859.jpg
定番、ダルバート

やはり此処のネパール料理はおいしい。ダールの味が根本から違う。巣鴨「プルジャ・ダイニング」とならんで末永く続いて欲しいネパール料理店の一つ。訪問したのは約5年ぶりだが「お久しぶりですね!」と今でも覚えていてもらえるのは非常に嬉しい。

以下、地元飯。

横須賀中央駅近く「横須賀市場食堂」にて昼飯。

12195818_940613189352868_7937486349361042706_n.jpg
鰤照り定食。此処の定食には必ず、鮪のブツが付く。

12191797_939732132774307_4492429440327302653_n.jpg
鯵のなめろうフライ。なめろうのフライというのは初めて食べた。ジューシーなメンチカツ風味でなかなかおいしい。

12143358_940613156019538_5386991479013212598_n.jpg
大エビフライ

12118869_939732149440972_849519950101125361_n.jpg
カンパチの刺身

このお店、昼間っから飲んでる人が多いのがミソ。安食堂風のつくりだが、味はしっかりしていて旨い。

これも横中駅近く「うどん工房さぬき」へ

12208392_940685209345666_2268413018585007377_n.jpg
とりカレーうどん骨付きモモ肉テリヤキ&ごはん玉付

香川出身の上司曰く「本筋ではないけど結構いい線行ってる」という店。ぶっかけうどんのみならず天麩羅うどんとカレーうどんも種類充実。ご飯ものも彼是ある。けっこうボリュームがあってお腹に溜まる。饂飩屋や蕎麦屋のカレーも良いものだ。

ラスト。

もう2数間ほど前の話になってしまったが、車にエンジンをかけがてら、夕方、葉山までドライヴ。その帰り半年ぶりで「マーロウ」によってプリンを購う。

_20151024_195813.jpg
ティラミス味と栗乗せプリン。

1つ200gもあるので食べ応え十分。個人的には普通のカスタードプリンが一番美味しいように思う。



/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/18 / 23:04

秋深し、隣はナニをする人ぞ・・・

というわけで食欲の秋である。たまには前口上無しでイッてみようか。

先ずは、土曜の昼、神保町「ランチョン」の洋食。

DSC_2711_201510182214386f2.jpg
エビフライ!長さ20センチくらいの大エビが2尾、ドーン!タルタルソースとウスターでいただきます!!

ちなみに「ランチョン」、卓上に置いてあるのがウスターソースである。東京において「揚げ物にウスターは基本」だが、昨今はそんな基本すら知らない店が増えてきたのは実に嘆かわしい限りである。

DSC_2713.jpg
牛スジ煮込み。あっさり薄味で美味しい。こっちはライスと合わせて。

次。

日曜昼前、横須賀中央で散髪してから、観艦式で艦船が出払って海自の船が一隻も残っていないヴェルニー公園で一休みして、観光客が押し寄せる前のどぶ板をぶらっとしてから「ステーション・グリル」で早めの昼飯。

11218991_933985833348937_2890353878937216952_n.jpg
サラダバー。葉っぱ類だけでなく豆類も充実。なんと、クスクスまで置いてある。米軍の連中も多いらしく、店内表示も含めアメリカ仕様なのがまた、いい感じである。

12106902_933985810015606_2837895867076362297_n.jpg
メインのビーフシチュー&ガーリックライス。

量はさほど多くないが、これにサラダバーが付けば腹は満足する。今度はアンガス・ハンバーグか、サーロイン・ステーキでも食べてみようか。

では、次。

今月15日、近所に開店したインド料理店。

メニューを見ると、よくある「インド料理の看板掲げてネパール料理も出すネパール人の店で客は『バターチキンとナン』レベル」という風情なので殆ど期待はしていなかったのだが(笑)

オーダーしたのは、モモ。カレーとライスの味は至極真っ当。ただモモの作り方がド下手なので、ネパールでなくパキスタンあたりの人かもしれない(厨房を見てないから分からないけどね。)
しかし早速、アメリカ人家族が飯食ってるところは流石、横須賀(笑)

DSC_2742.jpg
マトン・ヴィンダルー、マッシュルーム・プラオ。

これは至極真っ当な味。美味しい。ヴィンダルーなんて一般的ではないメニューを置いているのは好感が持てる。賭けてもいいが、開店以来、マトン・ヴィンダルーをオーダーしたのは俺しかいない筈だ(苦笑)

DSC_2743.jpg
みたとおり。モモ。

これはイマイチ・・・どころか作り方がドヘタ。皮が厚すぎておまけに底部が破れて肉が(当然肉汁も)はみ出している。僅かに黄色く変色しているのは火の通りにむらがあって硬くなっている部分。

とすると此処の料理人、ネパール人ではないのか…メニューを見ると何と!ポークカレーなんてものまであるのでヒンドゥーやムスリムでもはない。とするとインドのキリスト教徒なのかな・・・厨房の料理人は見えなかったので謎だ・・・

おまけ。

職場に2か月の期限付きで研修に来ていた若手がいよいよ来週、帰るので金曜夜、久里浜駅ビル内「牛太」で職場のシャブ食事会。

DSC_2708.jpg

本当はもっと早い時間から始めたかったのだが仕事が押した。やめようかとも思ったのだけど、やはり最後なので強行して、始めたのはラストオーダー30分前。リミッター外してガッツリ食べる。

でもうちみたいにキチガイじみて忙しい実務の現場、しかも殆ど経験が無いのによく2か月間、頑張ったなと思う。どうもありがとう。此方も大いに助けてもらった!そしてまたどっかで一緒にいい仕事が出来ることを願ってる!!

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/13 / 00:40

本牧から戻って、晩飯は中華街でマレーシア料理。

DSC_2672.jpg
イカンバカール(白身魚のサンバルソース焼き)

彼方では海辺などでよく焼いて食べるのだそうな。ペナンラクサに通じる独特の臭みが特徴。慣れると何も感じなくなる・・・どころか美味くてふるえるようになる(笑)因みに、骨は無いので一気に食べ進めることができる。

DSC_2673.jpg
これは御馴染み、チャークィティアオ(幅広麺)。サンバルソースをかけて、スプーンのエッジで小さくちぎって口へ運ぶ。

DSC_2675.jpg
此方も御馴染み、ピサンゴレン(揚げバナナ)のドリアン・アイスクリーム添え。

ドリアンならではの臭みが美味い逸品。やはりマレーシアの料理ってシンガポールとは少し違う。まぁ、どちらも俺は好きなのだけど。

というわけで食べまくりの三連休、終了!

来週は何が食べられるだろうかね・・・

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/12 / 23:56

最近、洋食も何気に彼是食べている。

これはひとえに「ビアレストランで飯を食う」という技を(笑)覚えたからである。自分は酒を飲まないのだが、酒ぞ飲まずともビアレストランの食事は存外に美味い。ハッキリいて、上野辺りにある、スカしてフレンチ並みの金をふんだくる洋食屋より遥かに居心地も良く、味も良い。

というわけで神保町「ランチョン」で昼飯。「ランチョン」に入ったのは・・・・何年・・・いや、十何年ぶりだ。

DSC_2619.jpg
先付のチリビーンズ。

ちょこっと辛口。スーパーでも時々チリビーンズの缶詰を買うのだが、どれも甘いので、もっと辛くてもいいじゃないか、と思っていたのだが、これはそんな不満を解消してくれる一品。まぁ、量に比べて値段は高めなので、美味くて当然といえば当然なのだが。

DSC_2620.jpg
仔牛のカツレツ。

これが兎に角、食べたかった。「カツレツ」という言葉自体が既に「洋食」である。肉を叩いて薄くして衣をつけてフライパンで焼き揚げる。トンカツではなく、カツレツ。この語感がまた、いい。

おまけにこのカツレツ、肉と衣の間にチーズが仕込まれており、ナイフで切るとトロっとチーズが出てくる仕掛けも秀逸。当然、味も良い。久しぶりに「洋食、食べた~!」という思いに心が満たされる。

しかし昨今「カツレツ」と言ってその意味が分かる人はどのくらいいるのだろうね。

もう一軒。此方は御馴染み、神保町「放心亭」

当初、また「ランチョン」でエビフライを食そうと思っていたのだが、祝日は休業なので「放心亭」で真鯛かホタテのポワレでも食べようと思っていたのだが何と!14時過ぎの段階で既に売り切れ!!!というのは驚いた。仕方ないので、辛口ソーセージの盛り合わせ。

DSC_2645.jpg

そして食後にプディングの盛り合わせをオーダーしたところ、此方も売り切れ!!!!なんだ、そりゃ。またわけの分からない団体でも来たのだろう。

というわけで、ハロウィン企画の中からカボチャの洋風羊羹とアイスクリーム添え。

DSC_2646.jpg

しかしこれが予想を裏切る大当たりで驚く。カボチャの香り、そしてふわふわの食感。それを彩るチョコレートソース、生クリーム、アイスクリームの四重奏。「羊羹」というイメージからくるもっさり感が皆無なのも素晴らしい。満足満足。

ごちそうさま。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/12 / 23:36

最近、中華ばかり食べている気がする。

・・・のだが、まぁ、いい。

週末、横浜中華街で飯を食っていた。しかし考えてみると俺は中華街で麻婆豆腐というものを食べたことが無い。いつも変化球ばかり投げていないで、たまには直球を投げてみよう・・・と先日訪れた四川料理店「福満園」へ行くも日曜の19時で店内は満席。仕方ないので毎度馴染み「京華楼」へ。

DSC_2627.jpg
牛バラ飯



DSC_2628.jpg
四川麻婆豆腐。

ガッツリ辛く、そして痺れる。昔、大久保の屋台村で火鍋を頼み、生の山椒の実を手づかみでバラバラと投入されたときのあの痺れと辛さが久しぶりによみがえった。これを食べてしまうと、当分、他の麻婆豆腐は食べられなくなりそうだ。

いい汗かいた。ごちそうさま!

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/05 / 00:12

夕方、飯を食いに横浜まで。

昼、自転車で10分ほどの近所にあるインド/ネパール料理の店で食べた飯が美味くなかったので、晩くらいはちょっと金を出しても美味い物が食べたかった。因みにそのインド/ネパール料理店、いつもは夜に行っており、それなりに食べられたのだがやはり安価なランチメニューだとスパイス感も味もかなり薄くガッカリした。そういえば近所に新しいインド料理屋が出来る旨の告知が貼ってあるのだが、店の工事も始まっていない今の段階で「カレー&ナン」の幟が立てられており、すでに意気消沈。いい加減「インド料理=ナン」ってのやめろよ、日本人。

そんなわけで、たまには新規開拓しようと中華街は加賀町署前、四川&福建料理店「福満園」へ。

DSC_2570.jpg
牛肉の薄切り山椒辛子煮

見かけほど辛くはないが、「麻辣」の言葉通り、じわっと染み入る刺激が素晴らしい。途中で、冷たい中国茶(砂糖が入ってる)を一口飲んで、舌の感覚が麻痺してることに気が付いた。しかし単に「辛い」「痺れる」だけではない味の妙があり、同じく四川料理「京華楼」同様、所謂「街の中華食堂」とはグレードが全然違う料理が堪能できる。美味礼賛。素晴らしい。

DSC_2569.jpg
XO醤入り海鮮黒炒飯

先日、横須賀で食べた「地獄炒飯」とよく似たブツ。こっちの方が「お上品」に仕上がっている。これも見かけほど辛くないし、しょっぱくもない。かなりいい感じ。

DSC_2571.jpg
スペアリブの黒豆ソース

点心なので初っ端に来るかと思いきや、メインを食べ終わって漸く最後の臨場。蒸すのに時間がかかっていたらしい。これはマイルド。柔らかく仕上がった豚肉が美味しい。

しかし隣のテーブルにいた4人組が同業者(ただし職種や勤務地、部署は全く違う)で、おまけに品の無い奴等だったので料理の美味さが3割減。食事ってそいつの育ちが無意識に出てしまうから本当に恐ろしい。しかしなんで日曜の夜に雁首揃えて飯食いながら仕事の話をデカい声でするのかね。本当にバカ丸出しだから勘弁してほしい。

食事を終えて、ぶらっと散歩。数年ぶりでマリンタワーに上ってみた。現在は創業何十周年とかで東京、埼玉在住者は半額になるとの事。「神奈川在住者の特典はないのですか?」と尋ねてみたら「神奈川の方は来月、半額です」と言われた(笑)

エレベーターに乗ると、クレイジーケンバンド「マリンタワー・ゴー・ゴー」が自動的に流れる演出も素晴らしい。

DSC_2574.jpg

DSC_2573.jpg

俺が行った時間(19時)は運よく2~3組の客がいるだけだったので、ゆっくり、静かに夜景が堪能できた。

DSC_2576_20151004234059064.jpg

DSC_2577_20151004234100e38.jpg

エレベーターで2階に降りてくると・・・・流石流石のCKB!横山剣の巨大な胸像&CKB関連サイン入りグッズの数々が展示中。

イ~~ねっ!!!

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/09/27 / 18:32

ライヴの前に腹ごしらえ。

以前、雑誌で見て、行きたいと思っていた巣鴨のネパール料理店「プルジャ・ダイニング」へ。
巣鴨なんて滅多に来ないので危うく近くの「ドゥルガ」とかいうインド料理店に入りそうになってしまった。

メニューを見ると、ネパールの家庭料理が中心で非常にいい感じ。最近彼方此方にある「インドの国旗を出して『インド料理』を騙っているが実は料理人がネパール人で、メニューにはモモやチョウミンと並んで『ダルバート』とあるもそれは名ばかりで、バターチキンのようにギトギトした北インドのカレーが盛ってある」詐欺まがいの店とは全く違う。

新宿3丁目や小岩で展開している名店「サンサール」を彷彿とさせる真正ネパーリ。

というわけでオーダーは・・・・スクティとダルバート、食後にネパール紅茶。

DSC_2440.jpg
スクティ

DSC_2439.jpg
ダルバート・・・この形で来れば当然・・・・

DSC_2441.jpg
手で食べるだろ。

手食しているとお店の人がもう一種類、アチャールを持ってきてくれたので、追加のライスと併せてガッツリ食べる。あっさり、それでいて印象深い味わい。美味である。

この他にも食してみたい定食メニューがいくつもあり、久しぶりに良い店を見つけた!と内心大喜びする。

以下は、毎度おなじみのお店とか。

DSC_2445.jpg
今週のデリー。

カシミール・ポークと週替わりのピーナッツ・チキン・カレー。後者、「マイルド」とあるがスパイス感はそのまま。「マイルド≠甘口」である証明のような逸品。

続いて、横須賀中央駅前「市場食堂」にて

_20150927_152058.jpg
マグロのぶつ切り定食と穴子天麩羅。

新鮮な刺身と揚げたての天麩羅の美味さに舌鼓を打つ日曜の午後。

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

BACK / ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。