I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entry.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2016/01/01 / 22:46

平成28年、西暦2016年、皇紀2676年 あけましておめでとうございます!

例年だと「どうせ混んでいるのだから初詣なんて1月10日過ぎてからでいいや」と思っていたのだが今年は違う!昨年は本当にいい意味での「変化の年」であり、常に追い風が吹いていた。背中を押された、と言い換えてもいい。そんな追い風を受けての新年である。年末には家の大掃除をして、水回りだの玄関だのを綺麗にした。ピカピカになった風呂に入り、身体も清めた。福を呼び込む準備は万端だ。だったら初詣に行かぬ手はないではないか。おまけに現在の居住地は横須賀である。海岸線だらけのこの街で初日を拝まぬのは罰が当たる。しかし生憎、うちの前の海は三浦半島の東京湾側なので海から太陽が昇らない。だったら太陽が昇る側へ行けばいい。

そう思い、明け方、相方を車に乗せ一路、海岸を目指す。行先は三浦海岸。別に観音崎でも野比でもいいのだが、どうせなら広い砂浜があるところがいい。そんなこんなで夜明け前、三浦海岸に到着。

DSC_3350.jpg

砂浜に設えられた焚火に当たり、日の出を待つ。

DSC_3351.jpg

DSC_3360.jpg

DSC_3368.jpg

御来光!

DSC_3370.jpg

浜でふるまわれる豚汁に舌鼓を打ちつつ暖をとる。冬のこの時期としては異例なほど暖かく、気持ちのいい夜明けである。

初日を拝んだのち、車を浦賀の叶神社へ向ける。浦賀の入り江をはさんで東と西にあるそれぞれの叶神社へ参拝し社務所で俺と相方、そして両家の分の勾玉と袋を購う。

DSC_3376.jpg
西叶神社

DSC_3378.jpg
東叶神社

初詣、完了。

それから観音崎で一休み。

DSC_3380.jpg

DSC_3381.jpg

DSC_3384.jpg

DSC_3396.jpg

帰宅すると時計のディスプレイは10時になっている。

朝飯は、蛤の雑煮。東京風と京風のクロスオーヴァー・スラッシュな雑煮である。

DSC_3401.jpg
美味礼賛!

おかげさまで、幸先のいい元旦を迎えることができた。
多謝。

今年もよろしく!







横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/27 / 01:43

最近、また走り始めた。

神奈川に戻ってから、生活の足は殆ど自転車になってしまい、同じ「走る」のでも自分の足で走る機会が激減した。それじゃいけない・・・というわけで、夏場よりはやはり冬場だろ・・・とウィンドブレーカーを引っ張り出して MANOWAR だの CRO-MAGS だのを聞きながら走るのは楽しい。

そして明け方や夜の海はやはり綺麗である。

DSC_3295.jpg

5886_963466987067488_550203546067474129_n.jpg

DSC_3292.jpg

DSC_3294.jpg

1958082_963467030400817_1080963854097847342_n.jpg

12373406_961943133886540_9194665638889636405_n.jpg

10553457_961943120553208_6134706300725885188_n.jpg

10606567_963050303775823_7641111704216184397_n.jpg
「くりはま花の国」のウィンター・イルミネーション

995304_963467007067486_730747605626683311_n (1)
そして「初詣」の幟が立っている走水神社。

いよいよ、2015年、平成27年、皇紀2675年も終わりに近づいてきたな。



横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/14 / 22:13

暖冬・・・だよな?

しかしこんなに雨の多い年もなかったな・・・という印象。あくまでも印象なので、気象庁のデータなんぞを持って来ないようにな!

というわけで雨天曇天の合間の晴れ間は、便所のタンクにブルーレットをぶち込んで水を流したように美しい。

DSC_3158.jpg

DSC_3157.jpg

DSC_3159.jpg

DSC_3152.jpg

DSC_3153.jpg

DSC_3140.jpg

DSC_3142.jpg

DSC_3135.jpg

DSC_3134.jpg

DSC_3063.jpg

DSC_3144.jpg

DSC_3122.jpg


横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/03 / 23:17

「環境が人を変える」というのは紛れもない事実である。

神奈川に引っ越してから、愚痴が格段に少なくなったね・・・とよく言われる。そりゃそうだ。毎日、海を見て生活し、仕事をしていれば心も和む。クソみたいな奴らなんてのは、世界中、何処へ行ったって居やがるし、そういう奴らが消え去ることは絶対にない。しかし、仕事を離れたところで魂を浄化できる環境があれば、そのストレスを激減させることは可能である。

先月末29日は相方の誕生日だったので、葉山の「マーロウ」までプリンを買いに。

12311234_951570541590466_1920909409521502528_n.jpg
ブラックバターのブリュレ・プリン

12308633_951570464923807_2574000032730182410_n.jpg
公開を間近に控え、ビーカーの絵柄も「スター・ウォーズ」仕様。

コンビニやスーパーで売っているプリン等とは明らかに異なる、子供の頃に買って貰った「洋菓子店のプリン」の懐かしい記憶が蘇る逸品。因みに、俺にとって洋菓子(決して「スイーツ」なんぞではない!)の味の原体験は、逗子「珠屋」と本鵠沼「スワン」のケーキ&プリンである。

Happy Birthday♪♪♪

葉山から戻り、久里浜で刺身を買い込み、家に戻ろうと海岸通りを走っていると、港にフェリーがやってくるところだったので車を旅客ターミナルに向け、マックスコーヒーを飲みながら、接岸した船や、行き来する人々の流れを見ていた。

11215104_951493821598138_7817292890120356857_n.jpg

12310648_951493851598135_2421343627286372235_n.jpg

12294756_951493831598137_6730408680830826059_n.jpg

夜の港っていいものだ。昔、新潟の直江津港からフェリーで北海道に渡ったことがあるが、如何にも北朝鮮の高速艇がやってきて日本人を拉致していきそうな寂しい日本海側の海岸線、或いは、「今夜もこの綺麗な夜景のどこかで、人知れずミンチにされ、或いはコンクリートの靴を履かされて闇から闇へ消される奴らがいるんだろうなぁ・・・」なんてことを連想させる横浜港とはまた違った魅力がある。

12295529_950605465020307_5223994318110447933_n.jpg

人と、フェリーの腹から出てきた車の流れがひと段落して、港が静寂に包まれるのを待って離脱。再び海岸通りに車を乗せると、先ほどまで接岸していたフェリーが埠頭を離れ、燈火を明滅させながら車と並走している。

カーラジオからは、FM横浜。ピーター・バラカンのDJで、INCOGNITO の曲が流れている。こんな環境にいれば、ポジティヴにならない方がどうかしている。

尤も、この生活が何時まで続くかは、神のみぞ知る・・・だがな。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/12/03 / 22:24

12月。

早いもので、今年もあと1突き・・・もとい、ひと月を残すのみとなった。気候もめっきり寒くなり、通勤の際にはウィンドブレーカーを着て自転車をこいでいる。暖かな神奈川でも、やはり冬は寒い。しかし冬の海というのも夏とはまた違った魅力に溢れているから大好きだ。

12311209_950371695043684_4954834351943318463_n (1)

12226977_943869369027250_7880848650865459009_n.jpg

12235061_943869359027251_6022323419032380426_n.jpg

12310710_950605455020308_2628816977655261598_n.jpg

11036693_950371715043682_4351902094828012324_n.jpg

12313755_950834751664045_5591090229195662340_n.jpg

12301521_950204161727104_4369282111505740622_n.jpg

12299140_950834741664046_6904744162607562760_n.jpg

11046504_950834768330710_6179416759813595229_n.jpg

12274457_950834784997375_2529741292940279143_n.jpg

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/18 / 23:19

・・・を久里浜港まで見に行ってきた。

DSC_2720.jpg

DSC_2728_2015101823060603b.jpg

DSC_2723_201510182312165d6.jpg

近くから見ると、かなり大きい。

俺は、セシル・スコット・フォレスター「海の男ホーンブロワー」シリーズが大好きだったので、帆船見ると今でも燃える。ハーロックじゃないんだよ。ホーンブロワーなのさ。

しかしだな・・・実を言うと、日本丸よりも、直近に見える東電久里浜火力発電所や、埠頭内に置かれているテトラポッドの方が面白かった。久里浜港の埠頭は普段、立ち入り禁止になっており、こういうイヴェントの時でないと入れないので、貴重な機会だ。

DSC_2731_20151018230607d5c.jpg

DSC_2735_20151018230637457.jpg

DSC_2733_2015101823060351b.jpg

日没後、船はライトアップされる。

DSC_2740.jpg

DSC_2741.jpg

映画「宇宙からのメッセージ」に出てくる帆船型宇宙船ではないが、これに乗って地球から脱出したくなってくる。

天気も回復して穏やかに晴れた日曜日、公開最終日の日本丸が見られてよかった!

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/13 / 00:27

本牧・・・って陸の孤島だ。

取り敢えず、歩いていくところではない。だからと言って、横須賀から車で来るかと問われれば「う~ん」としか言いようがない。だから、バスに乗るわけだ。

以前から行ってみたかった本牧の横浜港シンボルタワーに行ってきた。「シンボルタワー」なんていうと梅宮辰夫「シンボルロック」を思い出してしまうが、べつにチンコに対する暗喩ではない。

simble img_0

横浜駅からバスに揺られて約30分。ようやく到着。

DSC_2661.jpg

DSC_2664.jpg

湾内を航行する船に信号を出す役目を持っているので、FだのXだのという電光文字が出る。晴海の客船ターミナルみたいなもんだ。

DSC_2658.jpg

タワー周囲のチューブ状構造物は展望台になっている。

DSC_2649.jpg

DSC_2655.jpg
港のクレーン、堪らん!!!!子供の頃から、大好きだったのだ。

DSC_2671.jpg

DSC_2656.jpg
海ってのは、ぼーっと見てるだけでも楽しい。だからこそ、海なのだ。

因みにこの施設、今の時期は1730で閉まってしまう。その時間になるとバスはもう来ないので1キロくらい戻った「海づり桟橋」の停留所でバスに乗り、山下公園まで戻る。

DSC_2631.jpg

DSC_2635.jpg

DSC_2644.jpg

DSC_2642_20151013001158caf.jpg

横浜も横須賀も、やはり海の近くっていいものだ。「生きよう」という活力がわいてくる。





横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/10/12 / 23:13

愚痴を言うわけじゃないが、最近、仕事がキチガイみたいに忙しい。

DSC_2608_201510122301433d0.jpg

幸いな事に、毎日こうして海を見ながら仕事をしているので辛うじて持ち堪えてはいるのだがね。

うちの職場は基本的に忙しいので、仕事の面だけで忙しい分には想定の範囲内なのだが、それ以外のクソみたいな人間関係がもつれるから本当に疲弊する。

「めくらの王国で片目は王様」

という諺がヨーロッパにはある。つまり「脳足りんに囲まれてる中で、ちょっと知識のある奴はデカい面が出来る」という意味なのだが、本当にそう思う事がしばしばある。今のところ、頼りになるのは同じ事務所の同期であり友人であり同僚でもある男一人だけ。あとは皆、めくらと片目の王様気取りばかりである。

状況としては、「ニーベルンゲンの歌」の後編、ジークフリードを殺されて復讐の鬼と化したクリエムヒルトに「ラインの黄金」という餌で釣られて宮廷内部へ侵攻して来るフン族の軍勢を、たった2人で迎え撃つ猛将ハゲネ(ハーゲン)と吟遊詩人フォルケールというものにかなり近い。尤も、このまま話が進めばハゲネは縛られたままクリエムヒルトに首を斬られてしまうので勿論、そんなことはさせない。コナン・ザ・バーバリアンと赤毛のケインがタッグを組んだかの如く、状況を逆転させなくてはいけない。

というわけで先週は連日、仕事が終わるのは22時過ぎという体たらくで睡眠時間が5時間を切る日が続くと流石に後半週には自転車に乗る気がしなくなる。仕事が終わって、車でマイルスを聞きながら海に行き、波の音をぼーっと聞いてるのが一番、落ち着く。

DSC_2613_20151012230141d57.jpg

DSC_2615_20151012230140852.jpg

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/09/26 / 14:02

夕方、新横浜駅から相方を新幹線に乗せる。

連休最終日の夕方で新幹線は非常に混みあっており、駅に着いたのは1700少し前だったのだが1830を過ぎないと一般指定席が取れないというので、グリーンで帰宅。ありがとう!またあおう!!

それから俺は車を横浜に回し、中華街で晩飯を食い、ぶらっと散歩。

先日訪れた「マレー・アジアン・クィジーン」へ。

11009955_923973181016869_1833148739620282737_n.jpg
牛肉の黒胡椒炒め。

豚肉ブラックソース等々、豚肉は良く食べているがマレー料理で牛は初めて。バッチリ辛口で非常に美味!!!

12011369_923973204350200_6158623048814331665_n.jpg
ナシ・レマック。「マレーシアのソウルフード」とある。こういう風に盛り付けられていれば当然・・・・

12039327_923974261016761_3175394843602316088_n.jpg
混ぜて混ぜて混ぜて食べるのがセオリーだ!「混ぜるのは汚い!」などとわけのわからに事を言ってる「マナー研究家」のババァやクソ女どもなど放置しておけばいい。

食べているとお店のスタッフがって来た。

「マレーシア、行ったことありますか?」
「いえ・・・一度も無いんですよ。」
「えっ!どうしてその料理と食べ方知ってるんですか?」
「マレーやシンガポールの料理が好きで彼是食べ歩いていることと、お皿にこういう風に配置されたら混ぜて食べるのが当然だろうと思いまして。」
「そうですか!お味は如何ですか?辛くないですか?」
「非常に美味しいです!ありがとうございます!」

このナシ・レマックの付け合わせのソースをかけるとバッチリ辛口になる。此方もまた、美味である。メニューを見るとまだまだ食べてみたい料理は多いし、2回目の訪問にして食べた料理が全て美味かったというのも素晴らしい。また折を見て通ってみたいと思う。

いい店見つけたね。

というわけで、食事のあとは秋の夜風に吹かれてぶらっと散歩。

良い月が出ていたな。

DSC_2413_20150926134631387.jpg

DSC_2415_20150926134629b7a.jpg

DSC_2419.jpg

DSC_2424.jpg

DSC_2428_20150926134634940.jpg

撮っているのは前回と同じ、山下公園と大桟橋の上なのだが、海も港も、当たり前のことながら時間と季節で見せてくれる顔が全然違うから飽きない。やはり神奈川は良いものだ。

番外編。

第三京浜保土ヶ谷PAでついに発見!!!

12003248_921672731246914_2195795813946030010_n.jpg

聖水プレイっ!!!!




横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

2015/09/14 / 00:35

眠い・・・・

先週は仕事が詰まりに詰まりまくって、ほぼ毎晩、家に戻るのが10時、11時過ぎという体たらくで、いい加減、嫌になった。そのせいで金曜の夜、楽しみにしていた CRUCIAL SECTION と GERIATRIC UNIT のツアー初日も見に行けず、急逝した友人に線香と花を手向けることもできず、降り続くクソみたいな雨による精神状態のダインスパイラルとも相まって怒りのヴォルテージばかりが高まっていた。

というわけで何とか休みが取れた日曜日。せっかくの休日を寝て過ごすなんて冗談じゃない・・・と思い、飯を食いに行きがてら、ぶらっと横浜まで。仕事ではよく来ているが、プライヴェートで来たのは久しぶりだったりする。

DSC_2328.jpg

11998797_918970374850483_4446474022998649465_n.jpg

DSC_2331.jpg

DSC_2342_2015091400270698d.jpg

DSC_2337_201509140026346b5.jpg

DSC_2344_20150914002634386.jpg

DSC_2335_20150914002629523.jpg

夜の風が気持ちいい季節になった。午前中は雨が降ったが天気も何とか持ちこたえてくれた。

また、明日から仕事する活力がわいてきた。

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

BACK / ホーム / NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。