I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2017/08/13 / 18:54

埼玉から脱出できて、一番感謝していることは近くに常に海がある環境だが、二番目に感謝しているのは、食べ物が美味いことである。横須賀市街、居心地がよく、料理もうまい店が結構多い。海に囲まれ、また内陸には畑も多い三浦半島の地の利を生かし、新鮮な海産物と農産物が手に入りやすい。尤も、今回書くのは少し其処からは外れているのだが。

ren1.jpg

横須賀は大滝町にある鯨料理「連」。この町でクジラの刺身を食べさせる店は数件あるが、間違いなく料理の個性と種類ではここが最高であろう。

ren3.jpg

鹿の子、ハツ、睾丸、脂須の子等の刺身、ユッケ、タタキ等々、美味くて美味くて堪らない。血の滴る生肉好きには垂涎の店。また店のロケーションもどぶ板どおりの裏手とあって隠れ家的な雰囲気で、ネットで調べただけ、実体験皆無の浅い知識を振りかざして連れのバカっぽい女に蘊蓄傾けるチャラい貧弱男などとも遭遇せず静かに食事ができるのも乙。

ren4.jpg

今回は2回目の訪問だが、最初は自分も嫁さまもそれぞれ散歩の途中に偶然見つけて気になっていて、どちらからともなく言い出したというのがまた面白い。三国志(演義)の「赤壁の戦い」で周瑜と孔明が互いの策を掌に書いて見せたら双方「火」であった・・・という逸話を思い出す(本当かよ!)。

ren5.jpg

ともあれ、興味ある方は是非に!

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

シリバラジ@水道橋 / ホーム / Back From The Dead


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。