I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2016/04/03 / 11:13

奥様は川崎までライヴを見に行ったので、ワタクシは横須賀で映画。

DSC_4304.jpg
「仮面ライダー1号」

巷では「昭和ライダーVs平成ライダー」なんてことが取り沙汰されているが、自分は昭和の人なので当然、前者への思い入れはかなり強い。しかし俺がライダーを最初に見たのは第36話「よみがえったミイラ怪人エジプタス」からなので厳密に言うと1号(本郷猛)ではなく2号(一文字隼人)が原体験なのだが、やはり「ライダー」といえば自分の中では「1号」そして「V3」なのである。

そして本作、約45年の時を経て1号復活。主演は70歳になった藤岡弘、である。予告編映像を見た時からその迫力と重量感にワクワクしていたのだが、現在放映中の平成ライダー「仮面ライダー・ゴースト」との共演については一抹の不安感もあった。実際、冒頭、タイで戦う本郷猛の映像から変わってゴーストと仲間が出てくると一気にチャラい空気になってしまい、「あぁ、やっぱりか・・・」と思ったのも事実。しかし物語が進んでいくにつれ、それが苦にならなくなってくる。本郷猛の・・・いや、藤岡弘、の圧倒的なパワー、オーラにすべてが巻き込まれていく。飛び道具や刃物等、彼是と武器を出して戦うゴーストが、基本的には「ライダーパンチ」「ライダーキック」しか技の無い1号に完全に迫力負けしている。

悪役にしても旧態依然とした「ショッカー」と、ショッカーから抜け出し所謂「経済ヤクザ」を目指す「ノヴァ・ショッカー」の新旧対立という図式も現代風でいい。考えてみると冷戦が終わり西側(資本主義陣営)Vs東側(共産主義陣営)という図式が崩れて以降「世界征服を企図する悪の組織」という「悪役」がフィクションの世界でも成り立たなくなった。ライダーにしても群雄割拠ではないが「1人のヒーロー対巨大組織」という構図はもう「古い」のだろう。

そんな現代にあって本郷猛がゴーストに問う「何故命を守ることが大切なのか?」という問いに対する答え同様、その原案(回答)が「古い」ものであっても「目的のために結集して一つになる」ことの意味を本作では問うているのかもしれない。例えそれが仇敵(旧敵)であったとしても。地獄大使(大杉蓮、熱演!)にかける本郷猛の言葉にもそれが滲み出しているように思えてならない。

また、これは原作で、一文字隼人と、脳だけになって身体は死んでしまった本郷猛が互いに「繋がっている」という設定にもリンクするのかもしれないが、例え一人であっても見えないところで同じ意志を持って戦う同志、仲間がいるという関係性。「ジャンプ」的安易な「仲間」「友情」・・・・嫌味な言い方をすれば「群れてるだけの安易な関係性」ではなく、もっと深い部分で通じ合える「熱い魂」の繋がりに感動する。そういった意味で、本作は世代間の橋渡しも上手くいっていたのではないか、と思う。

そんなこんなで、本作、自分はとても感動してしまった。子供騙しと言うなかれ。傑作である。

ありがとう、本郷猛。ありがとう、藤岡弘、! 熱い男達に乾杯!!!
俺もまたオートバイ、気合入れて乗るよ!!!

スポンサーサイト

映画 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

桜、カレー、海、そして桜 / ホーム / 東男に京女


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。