I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2016/02/14 / 23:39

性ヴァレンタイン・デー。

昨夜半から午前中までは酷い雨風だったが、午後からは陽が出て暑くなった日曜日。ぶらっと横浜まで。いつもなら横浜駅からみなとみらい線で元町中華街まで行ってしまうのだが、今日は珍しく根岸線を関内で下車し、伊勢佐木町をぶらり。有隣堂の本店で本を3冊買って、横浜スタジアム経由で中華街まで。2月とは思えない暖かさで革ジャンを着ていると汗ばむ陽気である。雨が上がり、中華街の路上は観光客でごった返している。関帝廟前で記念撮影する群れを躱して毎度の「京華楼」で四川料理。

DSC_3812.jpg
焼豚の蜂蜜漬け。とろりと甘い。お菓子のような感覚でとても美味しい。

DSC_3813.jpg
激辛スペアリブ。こちらも豚肉。

スペアリブとはいっても「肋骨ドーーーン!」ではなく小さく断ち切られているので食べやすいか・・・と思いきや、一欠片ずつ口に運んで骨を取る、という作業を繰り返すので、蟹を食う時のような無言の行となる。尤も一人で行ってるので無言で食うに決まっているのだが、最近は一人なのに何やらブツブツつぶやいている、あるいは虚空を見つめながらニタニタするキチガイが多いので、俺はそういう手合いではないと言っておきたかっただけの話である。

メニューに「激辛」とあるように写真の通り、赤唐辛子まみれで刺激的なブツである。口の中が痺れたら、焼豚の皿に残っているハチミツを一舐めするといい。舌の感覚が元に戻る。

DSC_3814.jpg
杏仁豆腐。

〆の一品。最近、「街の中華屋」ではない「レストラン」に行ったときはデザートを食べる頻度が高いのだが、自分の中ではウィニングラン的な感覚でゆっくり速度を落として席を立つ、みたいな緩衝材的な役割を担っている。


スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

氷川丸、ゴー・ゴー / ホーム / もうすっかりあれなんだよね


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。