I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/12/31 / 12:06

MORTORHEADのレミーが亡くなった。

FB_IMG_1451428237568.jpg

998488_966298920117628_502639091329603832_n.jpg

先日亡くなったフィルシー・アニマル・テイラーに次いで・・・であるので大きなショックを受けている。最近のやたら痩せてきた写真を見たり、或いは体調不良で「もうできない」とライヴを途中でやめてしまい、そのあと「杖をついて」出てきた姿を見るにつけ「レミー、かなり危ないんじゃないか」と心配はしていたのだが、心のどこかで「核戦争が起きてもゴキブリとレミーは生き残る」とまで言われたレミーのことだから大丈夫だろうと思っていた。享年70.あれだけ無茶苦茶なロックンロール・ライフを体現しながらよく70まで生きたものだという考え方もできるのだろうが・・・・

しかし、最近あらためて自分の年齢について考えることが多くなった。俺はまだ50を超えてはいないが、学生時代に聞いていた、或いはライヴハウスに通って見ていたハードコアやスラッシュ・メタル・バンドのメンバーが皆、40代中盤~50代、あるいは60代になっている。そこまで生きられず、若くして亡くなってしまった人も多い。そうかと思えばストーンズのメンバーやイギー・ポップのように「いつ死んでもおかしくない」と言われつつ、いつの間にか健康になり長生きしているアーティストも多い。古今亭志ん生師匠の噺のマクラではないが「最近は酒もタバコもやめて健康になってきたよ。でもって外を走りに行ってくるよなんてぇと車にひかれて死んじゃった」なんてことも多々あるわけで、本当に命の蝋燭の長さなんてのは神様にしかわからない。昔読んだ中国の民話に「人の寿命は北斗の神と南斗の神が囲碁をして決める。北斗が勝てば寿命は短くなり、南斗が勝てば長生きする。」なんてのを思い出したりもする。

ことMOTORHEADについていえば、確かに最近の俺はもうハードコアな「MORTORHEADBANGERS」ではない。俺なんか足元にも寄れぬほどモーターヘッドとレミーを尊敬し、かつ、愛しているファンばかりだと思う。しかしこれだけは言いたい。

1929490_965831976830989_6898137507083127934_n.jpg

高校生のころ、「極悪ライヴ」LPに出会わなかったら、俺の人生は間違いなく、今とは別の・・・つまらないものになっていただろう、ということである。

レミーに心から感謝を。

合掌。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

今年の12枚 / ホーム / 100点満点!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム