I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/12/29 / 21:49

継続は、力なり。

CRUCIAL SECTION 企画 "United Thrash Night" 記念すべき Vo.100 を見に行ってきた。

1920514_764503950322085_2958200742589279517_n.jpg 10653549_965100540237466_2626283911212628625_n.jpg

開演は1830からとあるが、実際に始まったのは案の定、1900から。「40曲以上やる」と事前に告知されていたのでぶっ続けでやるのか!と思っていたのだが、20曲ずつの2部構成で前半は"Against The Wind" 以前の古い曲中心のセットリスト。"Fight The Good Fight" "Crew For Life" "My Hope Your Hope" 等の昔の曲はやはり場内もテンション上がりまくり。"Let's Slam And Drink"はやるかな…と思っていたのだが、それはなし。

第1部のあと、約40分の休憩を挟んで第2部スタート。こちらは最近のセットリスト中心。昔の曲も勿論かっこいいが、日本語詞にしてからのクルーシャルは、よりアグレッシヴになったと思う。お客さんのサークルピットもさらに加速。大締めは "Faster, Louder"。

約2時間、ガッツリ楽しめた。自分が初めてスラッシュ・ナイトを見たのは・・・平成9年だから、約18年前である。ヒロさん曰く「ここまで来るのに19年かかった」そうだが、長期に渡って企画をやり続け、海外のバンドを呼び、あるいは自ら海外ツアーを行い、レコードを出し、Tシャツを刷り、他のバンドの音源を出し・・・という活動を続けていくのは並大抵の努力ではないと思う。まさに「継続は力なり」である。

Vol.100、本当におめでとうございます!!! そして来年もまた、期待してます!!!!

CXRs9WpUQAAse-v.jpg




スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Rest In Piece.... / ホーム / 年の瀬 Night & Day


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム