I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/12/27 / 01:23

冬はやっぱり鍋に限る!

とまぁ最近、2人暮らしを始めて改めてそう思う。当初は単純に「湯豆腐でもつくるか!」と思いスーパーへ行ってみれば最近は彼是と「鍋のもと」を売っている。キューブになってるスープを湯に溶いて具材を入れるだけで鍋が出来上がる。良い時代になったものだ。

1916720_963825497031637_4248279121760218576_n.jpg

結局、鶏ガラス-プのごった煮になったが、これが思いの外、美味い。これをつつきつつTVの「Mステ」を見ながら「Perfumeは良いねぇ」なんて喋っているわけですよ。

とはいうものの、週に1度か2度は外へ魚などを食べに行くのも良いものだ。毎度おなじみ、横須賀中央「市場食堂」にて。

6902_963052047108982_3677624140597297298_n.jpg
貝の刺身盛

12375965_963052073775646_4101915022818346556_n.jpg
焼きほっけ

12376715_963052090442311_7185701711372736601_n.jpg
鰤照り

12391343_963052057108981_432434245578269153_n.jpg
鯨刺し

これに加えて穴子の天麩羅やクリームコロッケや飲み物をオーダーして2人で5000円見当である。安くて美味い。

続いて、京都から帰って来た夜。横須賀中央に着いたのが22時だったので、取り敢えず開いてる店で晩飯を食おうとMore'sに入っている「すみれ」という焼き鳥屋へ。

11219015_960870683993785_8379398009970912282_n.jpg

12366269_960870700660450_8315895488496932775_n.jpg

12390935_960870710660449_5116034153013089614_n.jpg
湯葉が何気に美味かったりする。

続いては俺一人の「孤独のグルメ編」

京都、河原町姉小路の「ケララ」でターリ。南でも北でもない・・・というか南と北の良いところ取り。まさに「ケララ流」料理。見てくれは北インドのターリなのだが味付けは南インド式であっさりして非常に美味。

12369149_960190597395127_5985933705587295562_n.jpg

次。

ASAKUSA EXTREME へ行く直前、浅草は国際通りのトルコ料理店「サライ」で晩飯。以前は浅草と言えば「下町カレー食堂KORMA」だったのだが、生憎無くなってしまったので、此処か夢屋か天健か、はたまた飯田屋でどぜうか・・・金があれば1年に1回くらいは辨天山美家古にも行きたいなぁ・・・・と思ったり。

46756_962398697174317_4874934846584457206_n.jpg
フムス (エジプト豆のペースト)とエキメッキ(ピタパン)

10527890_962398707174316_2020680374160091925_n.jpg
チョバンカヴルマ (子羊肉の炒め煮)

10406741_962398717174315_773669298937506812_n.jpg
ソフラクレマ (トルコのココアプリン)

これに加えてアイランを飲む。

ラスト。

茶水の「キッチン・カロリー」でカロリー焼きのメガ盛り。たまにはこういうのも食べたくなる。「カレー屋ジョニー」のなんちゃってカシミールとかなんちゃってコルマとかな (笑)

10389665_964468093634044_1982720055240814613_n.jpg

学生時代・・・というか予備校時代は水道橋で、授業が終わると水道橋~茶水界隈のお安い食堂には彼方此方お世話になっていたので「カロリー」や「南海」の味は今でも懐かしい。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

年の瀬 Night & Day / ホーム / 浅草EXTREME!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム