I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/11/22 / 01:55

・・・を始めて、2週間余が経過した。

人並みの生活をしている自分に驚くと共に、やはり守るものが出来ると、人生に対する意識は大きく変わる。これまでは、「男一匹、何処で死のうが自分にケジメがつけられりゃそれでいいだろ!」と思っていたのだが、そういうわけにはいかなくなった・・・という当たり前の事実を噛みしめる今日この頃である。

そんなわけで、日々の仕事をこなしつつ、週末は気分転換を兼ねて、海を見に行ったり外へ飯を食事をしに行ったりしているわけですよ。

先ずは神保町のビアレストラン「ランチョン」にて。

DSC_2951.jpg
見た通りのオムライス。ザ・洋食!である。

本当はハヤシライスにしようかと思っていたのだが、此奴に呼ばれた(笑)まさに洋食の王道。ふんわり玉子包まれたにチキンライス。昭和の子供達が大好きだった「懐かしいあの味」である。

DSC_2952.jpg
ミートパイ。

存外に大きくて嬉しい驚き。パイの中にビーフシチューを仕込んである。寒い季節にはほっこり暖かくなる一品。

次。

地元、横須賀の「市場食堂」にて。

DSC_2955.jpg
白子のポン酢和え。

昔から、白子は大好きだ。生でもホイル焼きにしても美味い。これが食べられれば羊の脳味噌くらい楽勝でイケる(笑)

DSC_2956.jpg
グラタン・コロッケ。

魚中心メニューだが、揚げ物や焼き物も充実。居酒屋で食べるコロッケって、意外と美味いのだ。

DSC_2957.jpg
メゴチの天麩羅。

相方は生粋の京女なので、メゴチの天麩羅とか、コロッケ蕎麦を此方に来るまで知らなかったらしく、ある種のカルチャーショックを受けていたのだが、相方はシークァーサー・サワーを、俺はジンジャーエールを飲みつつ、こういう揚げたての天麩羅を摘むのもいいもんだ。

DSC_2954.jpg
見た通り。鶏唐揚げのタルタルソースかけ。

DSC_2958.jpg
これも見た通り。イクラの大根おろしあえ。

俺は昔、大根おろしってのが大嫌いだったのだが、やはり年はとるもんだ。最近はちゃんと食べられるようになった(苦笑)

この他にも、毎度おなじみの刺身の船盛と穴子の天麩羅を食べている。

ラスト。

最近、ぐるぐる寿司に行くようになった。「くら寿司」に入ったのは、以前、横須賀にいた時が最後だから、もうかれこれ8年とか10年前の話である。しばらく行かないうちに、こんなインダストリアルな(!)店になっていたとはお釈迦様でも御存知あるめぇ。

DSC_2964.jpg

ガキの頃読んだ、学研とかの「UFO百科」みたいな本にイラストで出ていた「葉巻型母船(宇宙船)から次々と地球に向けて発進していく空飛ぶ円盤」にしか見えない構図が堪らない。未来都市の「動く歩道」みたいに高速ベルトに乗って届けられる握りずしや天麩羅(!)、カレー(!!)といった料理も楽しい。最近のぐるぐる寿司って大人も子供も楽しめる食のアミューズメントパークなのだな!と改めて思った次第。

そんなこんなで、食後は車に乗って海を見に行く。横浜のような観光地&工場地帯と違い、横須賀のいい感じで田舎で自然が残る風景、そして海は優しさに満ちている。高いビルが殆ど無いというのもあるのだろうが、空と海との比率が7:3だというのがとても気持ちいい。

DSC_2967.jpg
走水海岸

DSC_2968.jpg
観音崎を回って、たたら浜。ゴジラの上陸地点・・・らしい。

DSC_2974.jpg
久里浜港に千葉から東京湾フェリーがやって来た。

というわけで、おやすみなさいまし。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

We are your Masters / ホーム / Old And New


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム