I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/10/25 / 08:28

最近、買い直したブツを4作。

DSC_2811.jpg
MYSTIFIER "Wicca" CD+DVD

SARCOFAGOウォーシッパーのブラジリアン・スラッシュ/デス/ブラック・メタル、MYSTIFIERの1st。これまで彼等の音源はMP3でしか持っていなかったので今回漸くディスクで入手。

SRCOFAGO "I.N.R.I." が1987年、BLASPHEMY "Fallen Angel Of Doom..." が1990年、そしてこのアルバムが1992年。邪悪な種子が確実に受け継がれ、そしてより過激になっていることがお分かりいただけるだろう。加えて、「南米のメタル」と聞いて誰もが想像するであろう、完全にぶっ壊れたようなビジュアルも見事。先日出版されて話題になっている、「デスメタル・アフリカ」と同様「なんだ・・・これは!」という驚きを堪能できる。

DSC_2812.jpg
前列左の奴の意味不明なポーズ、最高。野球のキャッチャーかよ(笑)

tumblr_n7iiwqaXey1sbcomio1_400.jpg
アタマがアフロだってのも高ポイントである。そう考えると、HIRAX的でもあるわけだ。

と見てくれの事ばかりしか書いてないが、音は・・・いまさら説明する必要もないだろ。ちなみにボーナスでついてるライヴDVDは面白くない・・・というかハッキリ言ってライヴDVDって1度見て、あとは、見ないブツが殆どだ。特に固定カメラでステージ袖から撮ってるような物はな。

次。

DSC_2815.jpg
SIGH "Ghastly Funeral Theater ~葬式劇場" 2CD

新譜"Graveward"が素晴らしく、ここ最近またSIGH熱が再燃しているので、"Hail Horror Hail" "CDと併せてオフィシャル・サイトから購入。何方も発売された当時に購入してるが、やはり2枚組で1500円は魅力的だ。彼等の音源はリリースされるたび、その音楽性が異なるが、初期EPとアルバム2枚を聞いて衝撃を受けた後、この3枚目のミニアルバムには当時かなり驚かされた覚えがある。非常にシンプルで、ある意味「ロック的」な印象を受けたからだ。

自分は楽器が演奏できないし、音楽理論みたいなこともわからないのであくまでも素人の感覚でしかないのだけど、今更のように聞き込むと・・・・こういう言い方は非常に失礼かもしれないが・・・一聴してシンプルなのだけど実際は非常に高度な事をやっているな、と思う。タイトルの通りまさに「劇場/シアター」で短編映画を見るかのような構成も良いし、そう考えると本作が「葬式」をテーマにしたサントラのようにも思える。特に、ドーマン・セーマン~忌み歌~式神~悲劇 の流れは最高である。

ボーナスCDには、本作のアルバム未収録1曲、ラフミックス2曲、VENOMのカヴァー3曲、MAYHEMとジョン・コルトレーン(!)のカヴァーがそれぞれ1曲ずつ収録されている。この中でも特に、トレーンの "Spiritual" のアレンジは驚きである。「なんだ、カヴァーかよ!」ということなかれ。この"Spiritual" と未発表1曲を聞くだけでも買い直す価値は十二分にある。

次。

DSC_2818.jpg
SAXON "戦慄のバック・ファイア" CD

今更ながらに、サクソンである。初めて聴いた高校生の時以来ずっと「なんでこのジャケットと原題 "Saxon"が『バック・ファイア』に変わるんだ??????」と未だに疑問が解けない1stアルバムを何故買ったかというと、店頭でたまたま見てしまい、ボーナストラックの多さに「あ~、久しぶりに聞いてみたいな!」と思ったから。

以前にも書いたかもしれないが、自分にとって(特に初期)SAXONは「ハード・ブギー・バンド」である。音を聞きゃわかるでしょ・・・と言っては元も子もないが、メイデンのように「鋼鉄の」リフとパンクゆずりのVoで押しまくるスタイルとは大きく異なり、「ロック&ロールとブギー」が根っ子にある。中でもこの1枚目はその要素が色濃く出ている傑作である。サクソンというと世間的には2枚目~"鷲は舞い降りた"までなのだろうが、自分にとってはこの1枚目も絶対に外せない作品である。

本作はオリジナルアルバムの9曲に加えて、SON OF A BITCH 時代のデモ5曲、「モンスターズ・オブ・ロック」「BBCフライデー・ロックショー」のライヴ音源が9曲追加されている。どれも聞いている音源ではあるが、最初期の音が此処で一堂に会すのは便利で有難い。

ちなみに、数年前に川崎のクラブチッタで来日公演を初めて見たのだがまだまだ衰えぬビフ・バイフォードの姿に感動。また来日してほしい!

ラスト

DSC_2817.jpg
VLAD TEPES "Anthologie Noire"2CD

フレンチ・ブラック・リージョン、VLAD TEPES 編集盤2枚組。中古で入手。これまで彼是ブートが出回っているがこれも当然、ブート。収録されているのは"The Return Of The Unweeping" "Celtic Poetry" "Into Frosty Madness" "Dans Notre Chute" "The Black Legions" "Reharsal" の各音源、2枚で計31曲。音は当然、劣悪だがCDとしては初めて世に出るブツも多く(MP3では簡単に手に入るが)貴重な音源である。


スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

新譜2枚 / ホーム / 日本丸


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム