I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/10/12 / 23:13

愚痴を言うわけじゃないが、最近、仕事がキチガイみたいに忙しい。

DSC_2608_201510122301433d0.jpg

幸いな事に、毎日こうして海を見ながら仕事をしているので辛うじて持ち堪えてはいるのだがね。

うちの職場は基本的に忙しいので、仕事の面だけで忙しい分には想定の範囲内なのだが、それ以外のクソみたいな人間関係がもつれるから本当に疲弊する。

「めくらの王国で片目は王様」

という諺がヨーロッパにはある。つまり「脳足りんに囲まれてる中で、ちょっと知識のある奴はデカい面が出来る」という意味なのだが、本当にそう思う事がしばしばある。今のところ、頼りになるのは同じ事務所の同期であり友人であり同僚でもある男一人だけ。あとは皆、めくらと片目の王様気取りばかりである。

状況としては、「ニーベルンゲンの歌」の後編、ジークフリードを殺されて復讐の鬼と化したクリエムヒルトに「ラインの黄金」という餌で釣られて宮廷内部へ侵攻して来るフン族の軍勢を、たった2人で迎え撃つ猛将ハゲネ(ハーゲン)と吟遊詩人フォルケールというものにかなり近い。尤も、このまま話が進めばハゲネは縛られたままクリエムヒルトに首を斬られてしまうので勿論、そんなことはさせない。コナン・ザ・バーバリアンと赤毛のケインがタッグを組んだかの如く、状況を逆転させなくてはいけない。

というわけで先週は連日、仕事が終わるのは22時過ぎという体たらくで睡眠時間が5時間を切る日が続くと流石に後半週には自転車に乗る気がしなくなる。仕事が終わって、車でマイルスを聞きながら海に行き、波の音をぼーっと聞いてるのが一番、落ち着く。

DSC_2613_20151012230141d57.jpg

DSC_2615_20151012230140852.jpg

スポンサーサイト

横横沿線 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

鎮魂 / ホーム /


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム