I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/09/15 / 00:36

SLAYER の新譜 "Repentless" 入手。

CO02WwdUcAAnRkb.jpg

ハッキリ言って 4th "South Of Heaven" 以降の彼等には全くときめかず、アルバムが出る度、惰性のように買い続けてはきたがどの作品も長くて1カ月、早ければ3日後には中古盤屋に行きになっていた。

しかし本作、個人的には 3rd "Reign In Blood" 以降では間違いなく一番気に入っている作品。しかし改めて考えてみれば1st "Show No Mercy"LP からリアルタイムで聞き続けて、気が付けば三十余年である。それだけキャリアを重ね、音源をリリースし続けていれば、RAMONESやBAD RELIGION と同じで、誰も急激な変化なんか望んでいないし、初期のアルバムを超える激烈な作品が将来的には絶対に作れないであろうことは、古くからのファン、そしてバンド自身が一番よく知ってるのではないだろうか。自分みたいな年寄りはすぐ、"Hell Awaits" "Reign In Blood" との比較論で新作を評価してしまいがちになるのは、良くないことだと思ってはいるのだけど・・・・

というわけで本作、これまで以上に曲がイイ。フックがあって覚えやすいのもいい。最近の "God Hates Us All" "World Pained Blood" "Christ Illusion"なんて既に曲すら覚えてない。ようするに「つまらない」と言いたいわけだが、ここら辺のアルバムは本当に大嫌いなのだが、本作はちゃんと曲を覚えていられる(苦笑)

あと何かと取り沙汰されてる新加入のゲイリー・ホルトは予想以上にいい仕事をしていて評価に値する。カッチリとしたソロの弾き方はEXODUS譲りで、故ジェフ・ハンネマンの弾き方とかなり異なる。しかしその違いが新たな刺激になり、切れ味の鋭いスラッシュ・メタルに仕上がったのではないか、と思いたくなってしまう。

というわけで本作、昨日購入以降、かなりの頻で度聞いている・・・・しかしだな・・・・日本盤ボーナス・トラックとやらで音の悪いライヴ音源を終わりにくっつける商法、やめてほしい。アルバムって1曲目からラストまで、流れを考えて作られてるんだろ、殆どの場合。

例えば、マイルスの "Bitches Brew" 、ラストを締める超名曲 "Sanctuary" の後にアルバムに入らなかった「捨て曲」をボーナスとして入れることでアルバムの質を落としているのと同様、レコード会社の思惑で、完結したアルバムの流れを乱すようなことは止めてほしいわけだよ。

IMPLODE
No resurrection of divine!!!!
IMPLODE
Extermination of the swine!!!!



PV、ダニー・トレホが出ているのが何気に凄いインパクト(笑)

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Brain Eaters / ホーム / マレーシア in チャイナタウン


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム