I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/09/06 / 21:10

いやぁ~、雨ばっかりだな、畜生っ!!!

晴れ間は時々覗くものの毎日毎日こんな天気じゃ気分がだんだん滅入って来る。こないだ仕事である心療内科へ行ったらエレベーターホールまで診察待ちのお客で溢れている。やはり悪天候と湿気の多さは人間のフィジカルにもメンタルにも大きダメージを与えるという事なのだろう。

というわけで、鬱陶しい長雨をぶっ飛ばすキレのいい音源を3枚。

91908865_o1.jpg
S.h.i. 「死」CD

ex.ZOUO, Danse Macabra 等、関西ハードコアオールスターズ、Struggling Harsh Immortals 1stアルバム。1stEP + 2nd EP+新曲
という構成なので正確には「EP集」かもしれないが、これまでのリリースがアナログオンリーだったので、まとめてCDで聞けるのは嬉しい。

音はもう巷で言われている通り。メタリックでダークなハードコア/パンクとサンプリング&ノイズの融合なのだが、やはりZOUO~ダンマカで聞かせてくれた(ちょっとSAMHAINにも通じる)Cherryさん独特のダークな世界観は此処でも貫かれている。因みにダンマカの音源って時々無性に聞きたくなったりするのだけど、そういう中毒性をこの音源も多分に含んでいる。"Enter The Hell " のような速い曲での疾走感と迫力もまた堪らない。横須賀に引っ込んでしまうとライヴを見に行く機会も減ってしまうのだが、この目でステージを見てみたい!

次。

上記、S.h.i. の音源を買いに行って見つけた1枚。

387497.jpg
NAUSEA "World Struggle : Demo '88-'92"CD


アナログが出たのは知っていたが「どうせFOADだから後からCDになるだろう。」と思って忘れてしまい、店で見つけて小躍りして喜んだ(実際は小躍りとかしてないが・・・)1枚。

LAのデス/グラインドコア、TERRORIZERのオリジナルメンバー、オスカー・ガルシア率いるNAUSEAのデモ音源集。彼等のLP以前の音源は手を変え品を変え出されているが今回の目玉はTERRORIZERとのスプリットデモ音源と87年のリハーサル音源。基本的にTERRORIZERとNAUSEAは殆ど同じバンド(ABIGAILとBARBATOS、或いはDESCENDENTSとALLみたいなもん)なのでオスカー・ガルシアが歌っている限り、基本の路線は変わらない。若干デスメタル濃度が濃いというだけの話。

NUSEAについては1st Crime Against Humanity" の音がショボかったので「悲運のバンド」扱いされていた時期も長かったが、やはりデモ音源を聞くと頷かないわけにはいかない。粗削りだがダーティーで疾走感溢れるデス/グラインドコアが堪能できる。因みにTERRORIZERは現在分裂して TERRORIZER L.A. の方はガルシアがVo.をやっている。分裂した詳しい事情は知らない。

ラスト。

f0201863_229063.jpg
SKIZOPHRENIA! "Single-Ticket To Demo-Lition"CD

津山30人殺しハードコア、SKIZOPHRENIA! のディスコグラフィCD。正直言って「津山」と聞いても未だに何処だかわからないし、30人殺し以外の知識は全くない・・・が、初めてこのバンドのライヴを見た時の印象は強烈だった。こんな人里離れた田舎(多分)になんでこんな凄いバンドがいるんだ!!!と目から鱗。

この素晴らし過ぎるスピード感!特にドラム!!なんだ、こりゃ!!!状態で速い。速いといってもブラストビートのそれではなく、MOB47 に代表される所謂「マンゲル・スタイル」の疾走感。つまり体感速度がやたら速い。東京や大阪(クラスト・ウォー周辺)の音とも明らかに違うし、本当にカッコいい。このCDには2005年と2006年のデモ音源も収録されているが、この時点で既に今のスタイルが確立されていたことが改めて確認できる。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

麻辣の「辣」 / ホーム / Back to 80's


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。