I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/09/02 / 01:00

日曜日のおはなし。

昼に高円寺まで行って取り置きをお願いしておいた音源を受け取り、書店で本を買って、急いで横須賀に戻る。久しぶりに、ライヴを見に行くからだ。

11889688_865130076910490_6816216036112384307_n.jpg

始まりが5時と早いので、月曜が仕事の時は嬉しい・・・とはいえ、結局、開始が遅れて始まったのは6時前だったのだが・・・

出演バンドと出演順はチラシの通り。因みに初っ端の 666 は昔、POISON ARTS 等とオムニバスに入っていた大山氏の 666 ではない。

定刻通りに入店したらまだ666がリハをやっていたのでいったん出て、ヴェルニー公園で潜水艦を見て店に戻ってくると何時の間にか開演になっていて666は殆ど終わっているという・・・・

2番手は GARYU。Vo.が変わっても、メタリックなエッジの効いた AGNOSTIC + SUICIDAL という東西USハードコアのいいとこどりサウンドは変わらず、カッコいい。

3番手、SUN'S GOD・・・全然聞いたことのないバンド名なのだけど・・・・何と!FVKの変名(?)バンド。しかし俺は80年代からFVKのレコードとCDは買い集めていたが、ライヴを見たことが1度もないので、メンバーの姿を見たことが無い(ジャケやブックレットに写真が全く載っておらず、メンバー名も音源によって変えていたから?)ので確認のしようがないのだが、Vo.の声を聴いていすぐわかった。ex.SCUMBAG のWaka さんがVo.だった時代以外のほぼすべての音源で歌ってる人の声と同じだったので。そんなわけで "Summer Vacation " "Bike" "Buffalo Slum" 等々知ってる曲が大半ですごく興奮した!!

4番手、RAISE CAIN。この辺りから会場も一気にヒートアップ。狭い店内、お客がグルグル回って暴れ始める。楽しいね。 しかし RAISE CAIN みたの何十年ぶりだろう!!!もう兎に角、ギターがカッコ良すぎ!!!ラストは”アパッチ”で大盛り上がり。

5番手、DE-CULTURES。80年代京浜ハードコアの伝統を今に伝えるデカルチャーズ。独特の声質のVo.とキレのあるリズム、スピード感が堪らない。しかし改めて考えると会場のお客さんも含め元SLIVER, FVK, El Camono, Battle Attacker 等々、錚々たるメンツである。

トリはこの日で解散の OIL SHOCK。オムニバス "Enjoy Your Youth" に1曲収録されていたまさに「知る人ぞ知る」バンド。勿論、自分は見るのが初めてなのだけど、初めて見たライヴが解散ライヴだというのは何とも皮肉な話である。曲はまさに SHORT & FAST でVo.の詞の乗せ方とか80年代のアノ雰囲気そのまんま。今、逆にこういうスピード感のバンドって少ないのではないかと新鮮な気もした。因みにVo.の方はどぶ板で F.T.S.というヴィンテージの服屋をやっており、前日にFVKのオフィシャル・シャツを買ったばかり。

FVK Shirt

ライヴはアンコール含めて短い時間だったがとても印象に残るステージだった。

しかしやはり前にかぼちゃ屋で見た時もそうだったけど、横須賀横浜の地元色が凄くいい感じだ。俺と同じくらいの年であろう不良な方々がファッションも含めいちいちカッコいい。この日は生憎の空模様だが、見に行って本当に良かったと思えるライヴだった。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

蹴散らせ!秋雨前線っ!! / ホーム / クソみたいな日でも最後に感動が待ってた・・・というお話


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。