I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

  • 2015/08/02  V7

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/08/02 / 23:57

8月。

夏、本番!毎年毎年、キチガイじみた高温の夏が繰り返される昨今だが、今年はそれを凌駕するキチガイじみた夏にするぜ、これを見てな!

というわけで「マッド・マックス 怒りのデス・ロード」の7回目を見に立川まで。夏休み最初の週末、映画の日、爆音上映、おまけに「マッドマックス」が公開終了になる映画館が増えてきたせいもあるのだろうが、立川の開場はなんと!満席っ!!今回は12年来(くらい?)、海外を含め「マッドマックス」鑑賞既に14回を誇る猛者(♀)の友人からお誘いを受け、最前列ど真ん中、ウーファースピーカー真ん前という最高のポジションで開始前から興奮は既にマキシマム!!

CLUi1bzUwAECCUs.jpg

今回は、友人からの教えてもらったことも彼是あって台詞に注目して鑑賞していたのだけど、また順不同に気付いたことを彼是。

・ウォー・リッグに燃料タンクが繋がれる場面、ウォーボーイズたちが "Fukushima kami Crazy!" と言っている。当然、字幕には出ていない。

・本作、卑俗語(4letter words) が出てこない・・・という書き込みが彼方此方で見られ、自分もそのように思っていたのだが、車にマックスをぶら下げたニュークスがジョーから一瞥くれられてハイになり、ハンドルを外して一気にアクセル踏む場面でマックスが "Fuck'em all!" と言ってるように聞こえるのは空耳だろうか。

・ニュークス最期の場面"Witness me..." の台詞が「前に進め」と聞こえる。それに応えて(?)手を伸ばすしぐさをするケイパブル。

・バカキャラとしては人食い男爵と武器将軍もいいが、何と言ってもリクタスとスリットの突き抜け方が素晴らし過ぎ。超マッチョなのに知能が足りず、マイクをジョーに取り上げられる、或いは火炎放射器をウォーリッグに向けた時「女たちがいるから火は使うな!」と言われたときに見せる、犬が困って首をかしげているような表情が面白い。あとジョーから母乳の瓶を渡されて一口飲み、うなずく場面も面白すぎ。

・スリットに関してはリクタスと正反対の終始「ヒャッハー!」なノリに支配されており、ニュークス&マックスとの「燃料吹込み合戦」を筆頭に素晴らし過ぎるテンションで突っ走る。そんなスリットを「マッドマックス」シリーズの象徴でもあるマックスの愛車インターセプターに乗せ、ああいう形でマシンもろとも死なせて見せた監督の手腕は素晴らしいの一言に尽きる。

・イモータン・ジョーって都市計画に関しては結構、イイ線行ってるんじゃないだろうか。シム・シティやらせたら上手くいきそう(笑)
でもってフュリオサたちが砦に入った途端、治水や生産体制についての専門知識を持ってるのが居ないため、システムの維持ができなくなり、1年くらいで砦崩壊・・・住民は皆、水と石油を求めてまた砂漠に出ていく・・・なんて話になると笑える。

・鉄馬の女を轢き殺した後、人食い男爵の「おっおっお~(笑)」みたいな気持ち良さげな笑顔がとても素敵だ。あとあの乳首クリップは間違いなく、気持ちが良い(笑)

・よく見ると砦の中には「搾乳女」「子産み女」以外に女がいない。そして障害者と病人と奇形だらけの男たちの中にあって、この女たちだけが一応「五体満足」であるのは非常に興味深い。

・友人が「これはラヴストーリーだよ」と言っていたが、頷ける話である。この手の映画にしては珍しく非常に女のお客さんが多いのも、そして複数回見ている人が数多くいるのは、巷で言われている単なる「フェミニズム」以上のものを感じ取っているからなのだろう。

というわけで、見る度に新たな発見があるマッドマックス。8回目を早く見に行きたいねぇ。因みに見た回数を「V○」で示すらしい(笑)



スポンサーサイト

映画 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

久しぶりに音楽とか・・・ / ホーム / 夏こそ!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。