I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/07/26 / 20:13

カレーだ!

なんてわけはない。年がら年中、カレー!これがカレー者である・・・とはいえ、最近は中華を食べている比重が高いのだが「そんな事じゃいかん!」と一念発起し、久しぶりに直球なインド料理。

先ずは行きつけの八重洲「ダクシン」。

夜はいつもアラカルトをオーダーしているのだが、最近は小食になったせいか昼からアラカルトの皿を幾つも並べようという気はしないので、ノン・ヴェジタリアン・ミールス。

DSC_1854.jpg
Before...

DSC_1855.jpg
and After....

昼飯用のセットメニューでありながら一品一品手を抜かない上手さは流石。だからこそ、通う価値があるというものだ。

続いて夕刻。

最近は横須賀に戻って食べていることが多いのだが、この日は珍しく品川駅ナカecute「シターラ・ダイナー」へ。1700前ならまだまだ空いていて良き哉。

このお店、アラカルトもあるのだが、結果としてセットにした方がコストパフォーマンスが良い。それで足りない分をアラカルトでオーダーするのが〇。ただしラッシーの塩味は作れないので、この日はハイビスカス・ティーを飲みつつ料理の到着を待つ。

DSC_1856.jpg
シムラ・ミルチ。

「ポテトやナッツなどを詰めたピーマンの香ばしいタンドール焼き」という説明書きの通り。簡単に言えば、マサラドーサのドーサの代りにピーマンを使っている感じ。トロッとしたチーズがいいアクセントになっている。最初、手で食べようとしたら火傷しそうになった。

DSC_1857.jpg
ラム・ビリヤニとダール・カレー。

セットになっているクルチャは外し、ヨーグルトを乗せる。折角「ハレの日」メニューのビリヤニ食べるんだからクルチャなんか要らないだろ。ヨーグルトを掛けつつ、ダールを啜りつつ、左手指でグチャグチャにかき回して食べるビリヤニの美味さよ!嗚呼、美味礼賛!!

というわけで昼夜共にインド料理だったのだが、改めて「インド人の作るインド料理」の美味さに舌鼓を打つ。昨今増えている・・・というか殆どそうだが・・・・ネパール人がやっている「インド料理屋」の料理とはスパイスの使い方が全く違うことに気付く。口では上手く表現できないのだけど、似て全く異なるモノ、としか言いようがない。やはりたまには「正統な」インド料理を食べないとな!



スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

V7 / ホーム / 刀削麺三昧


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム