I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/06/07 / 11:46

人体の一部を人工的に作り出すことは至難の業である。

6月1日から14日まで、東京大学生産技術研究所S棟1階ギャラリーで開催中の
「Designing Body 美しい義足を作る」展 (詳細はクリック!)
に行ってきた。

以前、パラリンピックで義足をつけて疾走する選手を見て驚いた人は多いと思うが、それらの義足が展示されている。

DSC_1322.jpg

DSC_1321.jpg

DSC_1320.jpg

下肢を入れるソケットの部分は3Dプリンターを使用して成形の具合を見ているそうだがシンプルなデザインでいて機能的、そして流れるようなフォルムの美しさがある。

会場には疾走用の歴代義足が展示してあったのだが、実際にこれをつけて「走れる」までにはかなりの年月を要したとある。会場で流れていた動画を見るとこのクラウチング・スタート時の画像をみただけで・・・力学的、人間工学的な面等々にただならぬ情熱と信念が込められているのがよくわかる。

DSC_1325.jpg
此方は一般歩行用。

DSC_1323.jpg
これは子供用なのだが、「子供は義足を隠すよりむしろ見せる傾向にある」とあったのが興味深かった。足の裏がちゃんと靴を履いたような形になっているのがミソ。

DSC_1328.jpg
DSC_1329_20150607102612198.jpg
此方は自転車競技用。

どれも非常に洗練された美しさがある。付ける人も、そしてそれを見た人も素直に「カッコいい!」と思えるデザインというのは実を言うととても大事な要素である。ともすると隠しておく、或いは見てみぬふりをしがちな「障害」に対しネガティヴでもなく、そして必要以上にポジティヴでもない、フラットな視線、考えで接し社会全体が共生していくためには避けて通れない事項でもある。

大学の研修室に付く研究費は、論文なり実験なりで認められる、或いは実用化されるという「目に見える成果」で増減するので実際にパラリンピックなどで選手に使って貰って成果が出るまでにはかなりの(研究以外の部分で)苦労もあったのだと思う。しかしこのような義肢を見て、付けてる人もそれを見た人も「美しい、カッコいい」と素直に思える形まで昇華させた情熱、信念には感動する。

世界に誇れる日本の科学技術だよ!

スポンサーサイト

東京百景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

食人族と炭化 / ホーム / 久々の「かぼちゃ屋」


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。