I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/04/26 / 01:11

GW突入。

職場では、代休消化も含め、できるだけ各人12日以上の休暇をとれ、と言われているので御言葉に甘えさせてもらう事にする・・・が、それだけ休むと懐具合も怪しくなるわけで、まぁ金が無くなったらトランプで自分の運勢でも占うとするか。

そんなわけで、最近聞いた音源など。

NYHC/クロスオーヴァー LEEWAY の再発2枚。

Leeway 1st 25

LEEWAY 2nd 25

LEEWAY とか CRUMBSUCKERS を聞いているとNYのクロスオーヴァーって一般に(?)思われているクロスオーヴァーのイメージとは違うのではないか、と思う。また当時、日本での彼らの人気って高くなかったように思う。俺自身、あのクソダサいジャケットを見て、買うのをかなり迷ったし実際に音を聞いても「これって・・・ただのメタルだよね?!」という感想しかなかったし、実際、当時はAGNOSTIC FRONT や S.O.I.A. を聴いている方が遥かに刺激的だった。故に惰性で買った2枚目に至っては数回聞いて売り払ってしまい、以後、記憶から彼らの名前は消えていた。

それから時は流れに流れまくって21世紀。ネットに広がるMP3音源の海で、たまたまLEEWAYのデモ/ライヴ/リハを集めた音源を聞いた。昔の記憶は何処へやら、新たな気持ちで聴くと、今更ながら非常にカッコよかったことに気が付いた。

そしてこの2枚。1st "Born To Expire" 、とても良い・・・いまさら言うなよ・・・という感じだが。そしてテクニックも高い。ハイトーン気味のVo.は今でも好みじゃないが。尤も2枚目 "Desperate Measures" は曲も長く、スローでタルいので未だに好きになれない。好きじゃないのにレヴュー書くなよ・・・と言われそうだがこういうのがダメな奴もいるだろ?「2枚目の方が通好みで評価が高い」なんて口コミに踊らされて「やっぱ2枚目だろ!」なんて言うより、自分の好みを優先した方がいいと思うんだけど。

次。

Upset Noise 2cd
UPSET NOISE "Nothing More To Be Said"
+ "Growing Pain" CD+DVD


イタリアン・クロスオーヴァー・スラッシャー UPSET NOISE の編集盤。正直言って F.O.A.D.のリリース・インフォを読むまでこんなバンド、80年代当時から今の今まで全く知らなかった。YOUTUBEで彼是聞いてみたら中々良かったので買ってみた。

切れ味鋭いリフの刻み、抜群のスピード感、ソロ弾きまくりのギター。クロスオーヴァーの王道である。面白いのはVo.の節回しが時々R&Rっぽいところか。当時、なぜこのバンドが網から漏れてしまったのか、謎である。80年代に聴いていたらドツボにハマっていただろう。付属のDVDは殆ど現在のメンバーが喋るだけのドキュメンタリーなので要らない。

ラスト。

106562.jpg
FUNEROT "Invasion From The Death Dimension" CD

今回の4枚のうち、最もポイントが高かったのがコレ。中古盤のエサ箱で見つけて、腐れたジャケ絵から「絶対、ABSCESS を遥かに劣化させたようなクソみたいなデスメタルなんだろうな♪」とワクワクしながら再生して出てきた音は・・・・極上のクロスオーヴァー・スラッシュだった!!!ギターの刻みも最後まで音ないスピード感も最高。"Death Dimension" "Death or Die" "Man With The Megaton Mind" みたいな意味不明で狂ったSFちっくなタイトル/歌詞も最高。そしてこういうバンドに限って長続きせず解散するという皮肉。


スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

New Day Rising Pt.1 / ホーム / 横須賀魚市場


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム