I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2015/04/07 / 23:37

昨夜(6日)は浅草で観劇。

昨年の春に上演された、風間寛治さん演出&主演の舞台「ぱぴよん」を再び・・・いや、昨年は2回見てるので三度、か・・・見てきた。 前回の感想は此方。

papilon.jpg

昨年の公演を見た時は「穴を掘る男と穴を埋める女」の関係性はカミュが「シーシュポスの神話」で書いている不条理性の暗喩だと思っていたのだが、今回見て、これは(チベット)仏教で言うところの「バルド」という状態から悟りを得て解脱するか、はたまた再び輪廻転生に絡め取られて同じ道を歩むか、という岐路に立つ魂の物語でもあるのではないか、と思った次第。

しかし、この話のように、幾重にも伏線が張られており、見るたびに新たな発見と感動がある舞台/作品は本当に素晴らしい。本当なら、仕事を休んで何度でも足を運びたいのだが悲しき宮仕えの身ゆえ仕方ない。今回の公演は仕事の予定とプライヴェートでの先約が詰まっていて見に行けないかと半ばあきらめていたので、雲が晴れるように予定が空いて、1回だけでも見に行けたのは幸運だったと感謝したい。

そして、蛾の生命が消える場面の若林美保さんと風間寛治さんの演技は何度見ても涙が溢れてくる熱演で本当に感動する♪何度も書いているが、やはり音楽同様、生で見るべきものは見ておけるうちに生で見ておくべきだな、と改めて思った。

どうもありがとうございました!!

スポンサーサイト

舞台 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

混乱させ、統治せよ / ホーム / Depression Vs. High Tension


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム