I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/03/06 / 00:31

いよいよ引っ越し準備である。

水曜日と木曜日は代休を取って、仕事の引継ぎと住処&駐車場の下見と申し込みに行っていた。今度の部署は関東一円・・・いや、全国で一二を争うくらい忙しいところである。先日、上級組織のお歴々からも「御愁傷様(笑)」とはなむけの言葉をいただいたばかりだが、それはともかく、8年ぶりで神奈川に帰れるのは何よりも嬉しい。

そんなわけで、当然、飯は昔の行きつけ店へ。

DSC_0574.jpg

久里浜駅前「ナーガラジャ」の昼飯。選べるカレー3種(マトン・トマト、レンズマメ、ジンガー(海老))、カボチャのサブジ、バトゥーラ、ターメリック・ライス、骨付きチキン。

此処のお店、南インド、北インドというよりは「ナーガラジャ流にアレンジしたインド料理」という感じの個性的な味わいが乙。ただし決して「日本人に迎合した味」ではないので念のため。キッチリとスパイスの香りは生きているし、ジンガーにはしかりカレーリーフも投入されている。ハッキリ言って、最近やたらと増えてきたインドの国旗を出して料理人はネパール人なんて店の「インド」料理より遥かに美味い。そして丁寧に作られている。

帰り際、「雰囲気がかなり変わられたのであれ、と思ったのですけど・・・スーツ着て見えられたのは初めてですよね?」と8年ぶりでも覚えていていただけるのは嬉しい限り。

続いて本日の昼。

横須賀中央の「タイエラワン」で飯。

DSC_0593.jpg

センヤイ・パッキーマオ。「辛さはどうしますか?」と尋ねられたので「タイで出しているのと同じ辛さでお願いします。」と言ったらコレが来た。唐辛子の絨毯爆撃である。センヤイ(太麺)をめくると下はもっとすごい状態になってる。以前から変わらぬ、日本人に対して全く妥協しない姿勢に感動。でもタイ料理はこのくらい辛くないと、美味くない。

DSC_0596.jpg

此方は比較的マイルドなゲーン・マッサマン・カレー。パッキーマオの辛さを打ち消すコッテリマイルドなイスラム教徒のカレー。最近はレッドカレーとならんでお気に入りの一品。

しかし相変わらずこの店、昼に入っても夜に入っても米軍人、軍属、基地職員率がとんでもなく高い。この日も奥の席でピーピー騒いでたクソッタレママ友ランチ(Fuck Off!)以外は黒いの白いの黄色いの・・・・と人種に関係なく全員、軍人&基地関係者で使用言語の日本語と英語のチャンポンという実に横須賀らしい客層は素晴らしい。なんたって普通のタイ料理店のようにメニューが「日本語/タイ語」表記でなく「日本語/英語」なのだから。

DSC_0598.jpg

食事の後、アパートの下見に行くまで時間があったのでぶらりと三笠公園へ。戦艦三笠(現在、改修工事中)の直近まできたのはかれこれ20年ぶりだったりする。

夕刻、東京に戻り御茶ノ水駅前で書店とレコード屋でも・・・と思っていた矢先に携帯が鳴動。午後に提出したアパートの審査が、当初言われていた1日~2日を待たず僅か3時間で終了。契約できます・・・との事。

よかった・・・・では取り敢えず、晩飯だ!というわけで「サイアム・セラドン」でタイ料理・・・って昼もタイ料理だろ!

DSC_0600.jpg

ヌァ・ヤーン(牛肉焼き)。

DSC_0601.jpg

カオソーイ・ガーイ。

帰宅ラッシュが始まり、鬱陶しい酔っぱらいや舞い上がったバカが群れて乗り込んでくる直前、平日夜の静かなひと時を美味い料理と共に堪能する。

とはいうものの、実家で母親が作る、或いは俺が作る「おうちカレー」は何時だって最高なのである。

DSC_0580.jpg






スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

契約成立!さて、飯だ! / ホーム / カレー部、Fuck off !!!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。