I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2015/01/30 / 01:26

勤労意欲が減退気味である。

どうも最近、やる気が起きない。何を見てもイライラする。考えてみれば、埼玉なんぞに左遷されてもう4年になろうとしている。こんな環境で生活そしていれば、いやでも心に膿は溜まる。当たり前のように10分、15分と遅れてくる電車、そして夕方の電車の中で、当たり前のように立ったままカンチューハイや発泡酒を飲み、鞄からつまみだのサンドウィッチだのを散りだして飲食してる「恥」という概念すら持ち合わせちゃいないリーマンがこんな大量に居るような土地はもう本当に嫌で嫌で仕方ない。

そんなクソみたいな毎日にカツを入れるべく、気合の入った音楽などを御裾分け。

birdman 8CD DVD

オーストラリアのパンク/R&R レジェンド、RADIO BIRDMAN の再結成以前の音源集。なんとCD7枚、DVD1枚という8枚組ボックスセットである。8枚組なんて昔かった KATE BUSH のボックス以来だ。

入っているのは2枚のオリジナル・アルバム "Radios Appear" "Living Eyes" のオーストラリア盤、海外盤、EP&アウトテイク、そして77年12月12日のライヴ盤、ライヴ/PVを収録したDVDとブックレット。詳細は記載するのがめんどくさいので、 Discogs を参照 (クリック!) のこと。

因みに自分がバードマンを知った切っ掛けは日本の TEENGENERATE で、初めて聞いたのは神保町の「JANIS」で借りた "Radios Appear" (Overseas Ver.) だったのだが、それ以降、ドップリとハマった。今回、改めて全音源を聞いてみて、tラファルガー(オーストラリア国内)盤とサイアー(海外向け仕様)では曲順と収録曲の違いのみならず、音自体も(ミックスが)違っていることを改めて認識。個人的にはトラファルガー盤の"TV Eye" で始まり "New Race" で締める構成、そして音作りが一番好きである。

また今回の作品で初めて表に出された Disc 2 に収録されているとラファルガー盤 "Radios Appear" のアウトテイク集が非常にナイス!だった。"Men With Golden Helmet" "Crying Sun" "Snake" の間奏がかなり違う!!そして個人的にはこっちの方が好みだったりする(笑)

あと最大の「売り」は(先日単体LPとしても発売された)77年のライヴ盤。音、凄く良い!!演奏も凄く良い!!!実を言うとこの日の前日、77年12月11日の公演もライヴ録音されていて、其方も非常に質の高いステージを展開しているのだが、本作はそれを凌駕している。このライヴ盤とアウトテイクを聞くためだけでもこのBOXは買う価値あり、だと思う。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

おかわり! / ホーム / 出張と代休と・・・


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。