I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/12/12 / 00:17

そろそろ「今年の12枚」を決めなきゃならない時期になった。

別に「~しなくちゃならない」なんて強制ではないのだがこれまでダラダラとなし崩し的にやってることと、今年聞いた音源を彼是、自分の中で再評価する意味もある。

とまぁそれはあと1週間か2週間後にやるとして、取り敢えず最近聞いた音源からナイスなブツをピックアップ。

Wargasm demo
WARGASM "Satan Stole My Lunch Money" DDL

い最近、名盤 "Why Play Around?" が長き眠りから目覚め、再発されたばかりのボストン・スラッシャーWARGASM のDemo音源集。

「スラッシュ・メタル」というと多かれ少なかれハードコア・パンクからの影響という要素があるのだが、彼らの場合、それをほとんど感じさせないのが面白い。逆に言えば、純然たる「へヴィ・メタル」の骨格を持った曲作りが非常に個性的で、それが「スラッシュ・メタル・バンド」でありつつ「ミドル・テンポの曲が滅茶苦茶カッコイイ!」という結果につながるのだろう。(勿論、速い曲の突進力は半端でなくカッコいい)この作品でもその作風は(当然ながら)生きていて、1stアルバムに先立つデモ4曲が兎に角、最高である。2枚目"Ugly" 以降はVoの歌い方が軽くなってしまいハッキリ言って好きではないのだが、このデモを聞くと録音でコケた部分もあるのかな、と今更ながらに思ったりもする。"I Breath Fire" なんて2nd アルバムのVerよりデモの方が断然、クオリティが高いからだ。

cretin sr
CRETIN "Stranger" DDL

こちら、個人的にはまさに「待ちに待った」リリース。1st "Freakely" は勝手に「21世紀のREPULSION」の位置づけで非常に高く評価していたのだが、一時は活動を停止していたり、メンバーが性転換して女になったりと「解散しないでくれよ~!」と心配していたのだが苦節〇年、漸く新譜が届けられた。

そんなわけで、新作が出る、と聞いた時は若干の心配もあったのだが1曲目"It" を先行で聞いた瞬間、そんな心配は木っ端微塵に吹っ飛んだ。そしてフルアルバム。予想にたがわぬ傑作である。先ず何よりも「速い!」。彼らとREPULSIONの最大の特徴は「フルブラストを叩き続けてもスピード感が消えない」つまり「体感速度が桁違いに速い」ことなのだが、本作でもそれは十二分に生かされており、加えて初期デスメタルのような"Raw" な質感が残っているのもたまらなく魅力的である。全14曲、ダレることなく一気に飛ばして終わるのも潔い。久しぶりにブラスト聞いて「あ~!気持ちいい!」と思った。


Zothique.jpg
ZOTHIQUE "Alkaloid Superster" CD

これまで名前は聞いていたが音は全く知らなかったので Bandcamp で聞いて・・・ぶっ飛んだ!こりゃすごい、とCDを買いに行った。

ジャンルで言うなら・・・サイケデリック・ドゥームとでも言えばいいのだろうか。音は全然違うのだけど、初めてNEUROSIS "Souls At Zero" を聞いた時の衝撃・・・と言っては褒め過ぎだろうか。ライヴ見たい! あと「ゾシーク」というバンド名。クラーク・アシュトン・スミスの小説が好きなら当然、アンテナに引っかかるだろ。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

食べすぎだろ、バスマティ・ライス / ホーム / 美味い飯、下種な会話


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。