I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/09/24 / 00:32

休みの日は、基本的に一人で居たい。

当然、ライヴは見に行くし誘われれば出ていくのだけど、一人で居ることが昔から好きである。休みの日は緊急の呼び出しがない限り、できるだけ職場の近くには居たくないし、職場の人間とも顔を合わせたくない。

だから最近、週末はホテルに泊まっていることが多くなった。とは言え、筒井康隆「にぎやかな未来」ではないが、現代社会においてなかなか「静寂」なんてモノには出会えない。せっかく金払ってホテルに宿泊していてもクソみたいなリーマンの研修だの中国人団体客だの、いつまでも部屋や廊下でテンション上げてギャーギャー騒いでる田舎のバカファミリーなんて連中が跳梁跋扈しているからだ。これはホテルのランクとは関係なく、帝国ホテルやリッツ・カールトンみたいなお高いところに泊まってもそういう「金を持ってるだけしか取り柄のない奴等」は必ずいるということだ。

そう考えられると都内で喧騒から逃れられる場所、は限られてくる。自分は、海が好きなので基本的に水辺に居られればメンタルはかなり落ち着いた状態に保つことができる。故に、平日休みが取れたときは時々、葛西海浜公園から水上バスに乗り両国または浅草(二天門)までの約1時間半~1時間45分、海風に吹かれているのがたいそう気に入っている。尤も、前回のようにゲリラ豪雨に見舞われたり、禁煙デッキでタバコ吸ってるクソオヤジを〆たりというクソみたいな場合もあるにはあるのだが、今回はゆったりできた。

DSC_2714-1.jpg
まさに「メトロポリス・TOKYO」

DSC_2715.jpg
葛西で大観覧車に乗っていて最高点付近でゴンドラが止まっていることに気付く。高さにしてビル45階相当である。アクション映画のヒーローのように鉄骨を伝って降りることを考えていた矢先、動き始めてほっと一息。

DSC_2716.jpg

DSC_2722.jpg

DSC_2721.jpg
秋晴れである。

DSC_2719.jpg
ゲートブリッジのデザインは何時見ても素晴らしい。

DSC_2723.jpg
埠頭や港に林立する巨大なクレーンを見るのが子供の頃から大好きだった。

DSC_2728.jpg
高校生の頃、「スーパーロックフェス」(だっけ?)でDIOやSCORPIONS、ANVILなんかが来日した時、俺たちは「会場のお台場って何処にあるんだ?どうやって行けばいいんだ?!」と言っていたものだが、それから数十年後、こんなに高層ビルが立ち並ぶ街になるとはだれも想像していなかっただろう。

DSC_2730.jpg
おきまり、のレインボーブリッジ。やはり橋ってのは、船に乗って水上から見た方がその美しさがよくわかる。

この後、両国で船を降りて湯島のデリーで晩飯。


番外編。
DSC_2733.jpg
靖国神社の遊就館へ行こうとたまたま通りかかったら本日の出し物はこれだった。

スポンサーサイト

東京百景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

償 却 / ホーム / 連休だったら当然、カレーたべるだろ?


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。