I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2014/08/31 / 08:26

3日目。

快晴!とまではいかないが薄日が差す曇り空。体を動かすならこのくらいの方がいい、と鞍馬へ。3年ほど前に来た時はいつもの格好で汗をかきかき貴船まで行ったので今回はランニング仕様の服装ランニング用の小さなバックパックを1つ背負っただけの軽装で出発進行!

おけいはん~叡山線を乗り継いで鞍馬口まで。そこから鞍馬寺までほんの200メートルほど。山門を抜けて一気に頂上まで。底から奥ノ院魔王殿を経由して貴船神社まで。

DSC_2600.jpg

DSC_2601.jpg
壮麗な山門。

DSC_2606.jpg
こんなさみしい場所で義経は幼少期を過ごしたわけだ。

DSC_2599.jpg
「魔王」とは650万年前にやって来た金星人らしい。

DSC_2604 (2)

DSC_2602.jpg

DSC_2605.jpg
不動堂を経由して

DSC_2607.jpg
奥ノ院 魔王殿へ。「ノースウェスト・スミス」に出てくる相棒の金星人ヤロールが祀られてるわけではない・・・が宇宙的なパワースポットらしい。

貴船へ抜けてみればは相変わらず観光バスや車で乗り付けてきた鬱陶しい観光客であふれていたので軽くお参りして早々に退散。こんなところまで車で来て、観光会社が手配た旅館でクソ高いだけの「川床料理」を食べ、仕組まれたコースの仕組まれた土産物屋でクソみたいな土産物を買い・・・そんなクソみたいな人生、本当にクソくらえだと思う。

今回、鞍馬を歩いたのは2回目だが、コースとしては絶対に鞍馬~貴船のコースが良い。最初に、勾配はきついが比較的整備された山道を一気に頂上まで登った方が、貴船からだらだらと続く長い坂道、しかも悪路を歩くよりも安全の度合いは高い。

前回は鞍馬口~貴船口までゆっくり歩いて2時間掛かったが、今回は1時間で踏破。
山を歩いてるより、帰り道、出町柳駅からホテルのある五条まで炎天下の鴨川沿いを歩く方が疲労した。

腹が減ったので昼飯は五条のタイ料理店へ。久しぶりのレッドカレー。当然の如く「タイと同じ辛さと味付けでお願いします!」と言ったのだがこんな薄いスープみたいな、しかも全然辛くない「レッド」カレーを出されてもねぇ・・・・横須賀や新宿のヴァイオレンスな辛さのタイ料理が懐かしい。

DSC_2609.jpg

ホテルで一眠りして、夕刻は相方と連れ立って北白川の画材屋やガケ書房等々で買い物。それから百万遍まで歩いて晩飯は居酒屋「おむら家」へ。民家風でレトロな作りがナイスな店。冬場は町屋ならではの隙間風にさらされつつ膝に毛布、傍らに火鉢を置いて過ごせるのが乙。

湯葉と温玉のサラダ、生麩田楽、タコ山葵、納豆の包み揚げ(これが美味いっ!!!)そして京野菜のピッツァ。その他諸々。場所柄、京大等の学生が多いのだが此処も鬱陶しい観光客が来ない地元スポットの一つ。

DSC_2610.jpg

DSC_2613.jpg

DSC_2612.jpg

DSC_2615.jpg

最終日。

昼にホテルをアウトして四条大宮「ティラガ」で南インド料理。いつ食べても此処のミールスの美味さには感心する。これだけの料理が出せるのに、俺以外の客は全員、カレーとナン、というレベルで号泣。

DSC_2624.jpg

そののち、四条と北大路の書店を回り、地下鉄で京都駅へ。久しぶりの京都旅行、盆のシーズンが終わり、観光客もめっきり減った平日に思う存分喋り、飲み、食い、歩き、楽しむことができた。感謝。やはりたまには仕事のことを一切考えず、魂を洗浄、除染しないといけない。

DSC_2625.jpg

そんなこんなで1930、東京駅着。毎度のように湯島「デリー」で晩飯。チキン・バリ・カレーのVVHとコンチネンタル。此処で飯を食うと「あぁ、東京に戻って来たなぁ~!」という気持ちになる。

これでようやく俺の夏も終わった。良い夏だったね。やはり夏は大好きだ。
さて、次回は東京か、それとも京都か、はたまた横浜か?!

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Last Rose Of Summer / ホーム / サマー・ヴァケイション Pt.2-1


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム