I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2014/07/23 / 00:28

タイトルを「お前のことなんか知ったこっちゃない」から「今週のデリー」に変えようかと思っている・・・・というのは真っ赤な嘘だ。

DSC_2482.jpg
最近、よく顔を出すようになった「六本木ミッドタウン店」。マイルドなカレーが多いのだが、その中でもやはりこのビーフカレー・クラシックスは白眉である。今回はこれをヴェリー・ホットにできるか否か尋ねてみたところ「できますよ」ということなので、辛口のビーフカレー。やはり、絶品の美味さ。

DSC_2485.jpg
此方、現在の週替わり(ウィークリー)カレーであるパンチフォロン・チキン・ダル・パーラックとホット・カシミール・ポーク。前者はダールをベースに野菜とチキンまで食べられてしまう3所責めなお得料理。考えてみるとインドカレーってこういう「ミックス」は珍しいのではないだろうか。とても良い香りのするマイルドなカレーで、最近のウィークリーの中では一番気に入っている。

続いて、20日にライヴを見に行った帰りに入った湯島「ナワブ」にて。

DSC_2483.jpg
時々、無性に豆のカレーが食べたくなる。豆のカレー、特にチャナマサラを食べるときは、ご飯より、チャパテイより、バトゥーラ(揚げパン)が一番合うように思う。

最後は先週初めて訪問してビリヤニの美味さに度肝を抜かれた上野(稲荷町)の「ハリマ・ケバブ・ビリヤニ」を2日連続で再訪。

DSC_2477.jpg
アルティキ。都内だと秋葉原「アールティ」で食べられることで知られているスナックだが、こちらは同じ名前でも見てくれはかなり違う。もっと「揚げ物」風味でミント・チャットニーをつけて食べる。

DSC_2478.jpg
パニールムスカ。トマトとピーマンと玉ねぎの間にカッテージチーズを挟み込んで串に通し、タンドールで焼いたヴェジタリアン料理。非常に美味い。

DSC_2480.jpg
前回はチキン・ビリヤニを食べたので、今回はマトン。やはり外れなしの美味さ。米ってこんなに美味いのか!とアジア人なら思う筈。

DSC_2486.jpg
トマトスープ。ネパール料理店でよくお目にかかるマイルドでとろりと甘いトマトスープに比べると酸味が強いのが特徴。

DSC_2490.jpg
マッシュルーム・サグ・パコラ。見た通り。マッシュルームにほうれん草を挟んで揚げてある。成形の素晴らしさもあるのだが、揚げても濃厚なほうれん草の旨みを残しているのが特徴。

DSC_2491.jpg
ラム・ヴェンテェンナ・マムスム・カレーとバスマティ・ライス。メニューによれば「ブラウンオニオンにたくさんのスパイスを使った(辛い)ラムカレー」とあるが、先週食べたラム・ビンダルーとどこが違うのかと問われれば「う~ん・・・ビンダルーはビネガーを使ってるから若干、酸味が強いんじゃないかなぁ・・・」程度にしか違いが判らない(苦笑)コカ・コーラとペプシコーラの違いのようなもんだろうか・・・と言ってしまうと立つ瀬がないのだが、次回はベースはラムで、また違うカレーをオーダーしてみようか、と思う。

いずれにしてもこの店、カレーのヴァリエーションが非常に多いので、ビリヤニ以外の料理も含め、期待大。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

空想科学小説・・・空想することは大切だ / ホーム / 北海番長連合・・・とは全然関係ないけれど・・・


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム