I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/06/09 / 23:44

日曜は仕事だったので今日は代休。

昨夜は銀座のホテルに泊まってゆっくりと風呂に入り、大きなベッドで手足を伸ばしてゆっくりと静かに休むことが出来た。明けて月曜、朝飯は例によって築地場内の「高はし」で美味い煮魚か焼き魚を食おうと思っていたのだが平日の10時だというのに土曜日レベルでクソみたいな行列。仕方ないので市場で食う事は諦めて、すぐに作戦変更。地下鉄で六本木へ行き、開店時間と同時に「デリー」六本木店に入る。

DSC_2338.jpg
右:今週のマンスリーカレー(ラム・コフター)、左:ビーフカレー・クラシック。

最近、湯島、銀座、新川と並んで六本木にも足を運んでいる理由は、このマンスリーとビーフカレーが美味すぎるからである。今週のラム・コフターも柔らかいラムの肉団子(コフター)とパプリカなどの野菜が入れられたマイルドでこってりした王宮料理テイストのカレーで仄かなアーモンドの香りも乙。ごはんでもいいが、チャパティにも合うと思う。

一般的に「デリー」というとカシミール、コルマ、インド、カラヒといった辛口のカレーの名が上がると思うのだが、六本木店はマイルドなカレーが非常に美味しいのが特徴だと思っている。以前、スワミシェフが居た時代は本当に辛いサンバルやラッサム、ピクルスが食べられたのだが、これもミッドタウンという場所柄、客層の違いもあって仕方ないのかもしれない。そして改めてメニューに目をやると、コンチネンタルとベンガルがない事に初めて気づいた。美味しんだけどねぇ・・・コンチとベンガル・・・・

昼飯は御馴染み、神保町「共栄堂」でタンカレー。基本的にこの店ではタンとハヤシ以外のカレーを食べたことが殆ど無い。べつに今更、写真乗せる必要もないだろ。そういえば、長い間フロアやってた笑顔の可愛いチャイナっ子(何処の国かは知らないんだけど、勝手にそう呼んでる)が居なくて別の女子に変わっていたな。

晩飯・・・・は錦糸町で「キカイダーREBOOT」見た後、御徒町のアーンドラ・キッチンでドーサ食べよう・・・と思っていたのだがなんかもう1840の上映時間まで時間つぶすのが面倒臭くなって計画変更。映画見るのやめて飯食って帰ろう。そうと決まれば行動は速い。JRと地下鉄乗り継いで神谷町へ。開店まで30分あるので芝の愛宕神社の石段を上り下りし、お参りを済ませて1800丁度、「ニルヴァナム」へ入店。

DSC_2344.jpg
考えてみるとこの店に最後に食べに来たのは新宿在住時代だから3年以上前になる。

DSC_2345.jpg
ダールのスープ。豆自体の口当たりはマイルドだが、スープはスパイスの風味満点で身体が火照ってくる。

DSC_2346.jpg
ケララ・チキン・ドライ。ローストした鶏肉をココナッツと共にスパイスに浸けてソテーしたブツ。凄く分かり易い表現をすると「揚げ鳥皮とココナッツのサルサソース漬け」という感じ。柔らかいロースト・チキンの食感がグー。酒飲む人にはイイおつまみになるのかもしれない。

DSC_2347.jpg
マラバー・シュリンプ・カレーとヌール・プットゥ。マラバー地方海老カレー、そしてインドの米麺。大ぶりの海老が5匹くらいゴロンゴロンとぶち込まれた豪快なブツ。比較的マイルドだが若干酸味がある。もう一方のヌール・プットゥ。最近は八重洲の「ダクシン」も「誰も注文しないから」という理由で無くなってしまい、都内でこれを食べられるのは此処だけになってしまった・・・かもしれない。この米麺、どんなカレーにもよくあう。サラサラ、こってり、辛口、マイルドを問わず、だ。当然、魚介類のカレーにもよく合う。そして非常に美味い。

DSC_2349.jpg
〆のインディアン・コーヒーとサーヴィスで出していただいたバミセリ・パヤッサム。

この他に、ココナッツ・ラッシーを食前にオーダー。日本ではラッシーといえばマンゴーというくらい認知度が上がってきたが、店によっていろいろな種類のラッシーがある。「ニルワナム」の話をしている時に他店の話は恐縮するが、例えば「デリー」の新川はバナナラッシー等々、いろいろ工夫を凝らしたラッシーを提供している。あと自分は塩味のラッシー(ちょっとトルコのアイラン風味)が好きなのでメニューに無くても出来るかお願いすることは多々ある。そしてニルワナムのココナッツのラッシーは非常に濃厚な口当たりの逸品。

あと、お店ではマサラチャイを売っているそうで、お湯を入れればマサラチャイになる粉末を2つ、いただいた。出勤して飲んでみるのが楽しみだ。

しかし数年ぶりで行ったがやはり「ニルヴァナム」、ブレない美味さで感動した。神谷町って自分の動線から外れているのでなかなか足を向ける機会もないのだが、また行きたい。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

先週の3枚 / ホーム / 雨、雨、雨、カレー、カレー、カレー―――っ!!!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。