I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/05/01 / 14:05

絶賛連休中である。

明日2日だけ出勤すれば11日の日曜まで再び休暇に入るのだが、当然一日何も食わない訳にもいかず、生きていれば金はかかるのは当たり前の話である。俺もそろそろ物欲を抑えてスピリチュアルな世界に旅立つべく出家でもしようか、取り敢えずクソッタレ・ピースボートなんぞに乗るよりは豊かな人生を送れるだろう・・・最近入手した音源を聞きつつぼんやりと考える。

Triptykon-Melana-Chasmata-800x800.jpg
TRIPTYKON "Melana Chasmata"CD

フルアルバムとしては待望の2枚目。音としてはCELTIC FROST "Monotheist" 以降の流れを汲んでおり、その路線が好きなら安心して金を出せるアルバムに仕上がっている。
尤も、現在の彼等にHELLHAMMERや初期CELTIC FROSTのようなスピード感を求める人なんてのは居ないだろう。随所に"Into The Pandemonium" と同じ手法使われているのもミソ。ほんのちょぴりだがアンビエントになってからのULVERを思わせる部分もあったりする。

息が詰まりそうなほど重苦しく、そして音の密度が高い。音圧とブラストビートだけのデス/ドゥームとは明らかに異質の、墨汁が渦を巻いているかのような黒さが堪らなくカッコいい。以前、「TROUBLEをブルーブラックとするならSAINT VITUSは漆黒」という例えを聞いた事があるが、TRIPTYKONについて言えば「暗黒」しか思いつかない。暗紫青色とか暗紫赤色とかではなく他の色が混じることも光が差す事も無い世界。その中でギーガーによって描かれたジャケットの魔物達・・・悪意を持った人ならざる「何か」が蠢き、じわじわと此方に近寄ってくる。そんな感覚に陥る。

もう1枚。

Blood Farmers Headless Eyes
BLOOD FARMERS "Headless Eyes"CD

出るという話は聞いていたが漸くリリースされたらしい血まみれ農夫の新譜。「BLACK SABBATH に影響を受けた~」というバンドは多いが、その音を聞いて「何処がだよ?!」と思う事は多々ある。以前、MOTORHEADのレミーが「俺達に影響を受けたというバンドは多いが、殆どの場合、その解釈は間違ってる」という意味のことを言っていたがサバスに関しても同様だろう。

しかし彼等の場合はその影響をキッチリと受け継いだ間違いのない「子供達」の1人だと思う。あの独特の「音の隙間」と多いだけではない変な「浮遊感」はなかなか真似できない。そして彼等の音源を聴いていると CHURCH OF MISERY がBLOOD FARMERSから大きな影響を受けたと言っている意味がよくわかるのもまた、ミソ。

10分を超える長尺曲が2曲収録されているのだが、飽きさせることなく一気に聴かせる曲作りと演奏力は素晴らしい。特にインストゥルメンタルの部分が秀逸でジャムっぽい流れから本流に入って、という感じでぐいぐい引き込まれる。正直言って、あまり期待はしていなかったのだけど、その予想を覆す出来映えで金を払ってよかったと心から思える作品である。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

マーフィーの法則 / ホーム / カレーは飲み物ではなく、海である


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。