I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/02/25 / 00:44

冬、京都。

昨年11月以来、3か月ぶり。今年初めての上洛である。生憎と平日の休暇が全く取れない状況なので、前回に引き続いて週末1泊2日の強行軍である。

これまでの経験上、2月の京都は最も観光客が少なく、宿の値段も安く、そして思ったほど寒くも無く1年で一番居心地の良い時期である、と個人的に思っている。しかしながら最近はアベノミクス効果とやらで経済状況が僅かではあるが上向いているせいか、東京も含めて宿の値段が以前と比べて若干の割高感がある・・・と思って探してみると何と!「素泊まり1泊2500円ただし訳あり部屋」というプランを発見。なんでも「エレベーター巻上げ室の隣なので音がする」「インターネットが使えない」「喫煙部屋である」「空調の音が若干うるさい」・・・よって神経質な方はおやめください、との事なのだが、まぁ大丈夫だろうという事で予約。

DSC_1959.jpg

場所も五条河原町を上がったところ・・・五条といえば一般には牛若丸と弁慶による「五条大橋の対決」なのだろうがあの一帯は五条楽園に代表される赤線地帯であり、或る意味ディープゾーンでもあるので京都の相方からも「なんか出るんとちゃうか?!」と言われ自分自身も「きっと絨毯とか壁に血の染みとかあるのを隠してるんだろう」と期待感大、大、Die Hard!! だったのだがいざ、入室してみれば絨毯が多少小汚い程度で音は全く気にならず、心霊現象も起きなければ絨毯に血の染みも無いと至って普通のビジネスホテルだった。ハッキリ言ってこれより酷い状態なのに値段は倍以上取る宿は都内に幾つもある。

そんなわけで1218京都駅着、1300にホテルにインし、バスに乗って一路、北へ。北大路で相方と合流し、再び南下。昼飯は 新京極の「スタンド」 へ。大正~昭和そのままなレトロ店内に相席しかないカウンター&テーブル構成、昼間から飲んだくれてる地元のオヤジ等々、一見カオスなようで天井が高く、フロアスタッフの手慣れた客あしらい、ガイドブック片手のスカした観光客が居らず「大人の客」が殆どである事など、窮屈な感じは皆無で非常に居心地の良い店である。

DSC_1962.jpg
DSC_1963.jpg

自分はビンのキリンレモンを飲みつつビフカツ、豚天、牛煮込み、かた焼きそば、カキフライ、くらげうに、ポークステーキをドンドン胃袋に入れる。漸く、腹が満ちた。

その後、寺町の古着屋だのAvisだの書店だの買い物三昧。カフェでスムージーを啜ってから夕食は予約をしてあった姉小路高倉上がったところの 「五けんしも」 で和食。町屋を改装して作られた畳のカウンターと座敷のお店でちょっと隠れ家風。料理は一品一品丁寧に作られており非常に美味しい。

DSC_1967.jpg
DSC_1968.jpg
DSC_1969.jpg
DSC_1970-1.jpg
DSC_1972.jpg

お造りの盛り合わせ、カラフル生麩の紅花油焼き、鴨ロース、牛アキレスの胡麻だれサラダ、鶏の薬膳スープ、生湯葉と生麩の豆腐マヨネーズ、豆乳カマンベールスープ、京漬物盛り合わせ、きつね御飯に舌鼓を打ちつつ、相方はビール、自分は三健茶とウィルキンスン・ドライ・ジンジャーを飲みつつ京都の夜は更けてゆくのであった。

お店の対応も良く、帰りはワゴンのタクシーも呼んでいただいて大変気持ちよく過ごすことが出来た。多謝!

翌日、日曜は1100にホテルをアウトして昼に下鴨神社へ。京都では「初詣」である。

DSC_1976.jpg
DSC_1975.jpg

2人で神籤を引いたら何と!同じ番号札が出た。卦は「吉」だがこれから上り調子になる吉である。それから縁結びの相生社で御礼参りをして、四条まで南下。

DSC_1978.jpg
DSC_1979.jpg

買いものをして 祇園の「壱錢洋食」だのピザだのを食し、夕刻、京都離脱。

やはり1泊2日は短い。これで2泊、中日が1日あるだけでも大分余裕が出るのだが・・・と思いつつ今の忙しさでは仕方あるまい。無事に来られただけでも良しとしなければ罰が当たる。

そんなわけで、久しぶりの京都、楽しかったね。天候にも恵まれ、この時期にしては暖かな日差しの中、冬の京都を堪能することが出来た。次回は・・・東京かな。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

アナタハ、カミヲ、シンジマスカ~? / ホーム / ネパーリ新規開拓2軒


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。