I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/02/24 / 22:07

行きつけのエスニック系レストランは多いが、常に新規開拓をしようという意志は持っている。

現在、住まわされている大宮は本当に外食産業不毛の地で、タイ料理はそれなりにレベルが高いのだがインド系はかつて大成町にあったハイデラバーディ・ビリヤニを出す「ミナール」が駅東南のスラム街へ移ってしまったため、ロクな店が無い。そんな中で以前、店の前を通りかかって気になっていた「マリカ」へ入ってみた。

この屋号はたしかチェーンだったと思うのだが、よくある「インドの看板を出した実態はネパール料理店」である。食べログ等で見ると安価なランチセットだけ食べてネパール料理店なのに「ナンがどーのこーの」と言ってる脳足りんなレヴューしか出ていないので、ディナー・タイムに訪問。

DSC_1948.jpg
ベーガン・パコラ(ナスの精進揚げ)。都内にある名の通った店でもパコラにはケチャップを付けて横着するケースが非常に多いのだが此方ではキチンとグリーン・チャットニーを付けている。これだけで好感度は確実に上がる。

DSC_1949.jpg
定番のモモ。口の中に肉汁がジュワッ!と広がる安定の美味さ。

malika.jpg
ガーリック・ライスとダール・マトン。マトンは柔らかく処理されており非常に美味。

というわけでソニック・シティにあるスカしてるだけで全然美味くない某店より遥かに「当たり」だった。また行ってみようと思う。

もう一軒。此方は御徒町。先週末は京都に行っていたのでその前日、金曜の夜は御徒町のホテルに泊まっていた。御徒町と言えば「デリー」「アーンドラ・キッチン」「ヴェジハーブ・サーガ」なのだろうが生憎と行きつけの「デリー」は改装工事中、「ヴェジハーブ」は前回訪問時の一件で当分、行きたくない。「アーンドラ」はいつも食べているし週末はどうせ混んでいて客の98%はビリヤニ食べているんだろう・・・と以前から気になっていたガード下のネパーリ「パルサディ」へ。因みに京都から戻って来た日曜夜も同店で食事をしているので併せて紹介。

DSC_1980.jpg
トマト・スープとバター・ライス。ネパーリに行くとよくあるトマト・スープ。ライスと併せたら美味いのでは・・・と予てから思っていたのだがやはり美味かった。

DSC_1953.jpg
此方、やはり定番のモモ。

DSC_1984.jpg
そして此方、ヒマラヤン・モモ。「ネパール式水餃子」なのだが「水」の部分が中華とは違ってカレーなのがミソ。とても美味しい。サービスでつけてくれたアチャールの風味も良し。

DSC_1954.jpg
マトン・コルマとバター・ライス。同じ「コルマ」でもデリーのコルマよりは中村屋のコールマンに近い感じ。

DSC_1985.jpg
ネパール式焼きそば、チャウミン。日本のソース焼きそばに近いのだが遥かにスパイシー。

というわけでJR御徒町駅南口の高架下の2階というちょっと隠れ家的な位置にあるも非常に自分好みの味の料理を提供してくれるお店でまた御徒町界隈に行く時の選択肢が増えた。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

初詣@京都 / ホーム / 巨獣、太陽、そして狼


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。