I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2014/01/11 / 01:16

1月8日、夕方から雨。

念願だった WEHRMACHT の初来日公演に行ってきた。

DSC_1794.jpg

恵比寿から会場まで歩く途中、腹が減ったので「富士そば」で、もりでも手繰ろうかと入ったはいいが結局、カレーを食べてしまい会場入りすると既に1番手 PRIMATE が始まっていた。

BRUTAL TRUTH のケヴィン・シャープがいるという事しか知らず、当然、音源も聴いていなければ、殆ど予備知識も無い状態での初見。良くも悪くも「想定の範囲内」というヤツでグラインドというよりはデスラッシュに近い感じ。ハッキリ言ってBRUTAL TRUTHの方が何十倍もカッコいい。

20分くらい機材交換の時間を経て、WEHRMACHT。80年代当時、まさか日本で彼等のライヴが見られるなんて事は0.1ミリリットルも考えなかった。それが例えオーストラリア・ツアーに行く「ついで」だったとしてもこんなに嬉しい事は無い。

1曲目は予想通り、「ジョーズ」のサントラに続いて"Shark Attack" からスタート。やはりバカみたいに速い。グラインドコアのように「1小節に音符を幾つ詰め込めるか」という物理的な速さでなく「体感速度」がとんでもなく速い。自主リリースされた"Attack Los Angels"DVD の通り新加入のVo.もよく動く。"You Broke My Heart""Gore Flix" "Napalm Shower" "Night Of Pain" "Barrage Of Skankers" 等々聴きたかった曲連発。

中盤、"Detroit Rock City" 1コーラス、"E!" 3連発、そしてLOUDNESS "Crazy Night" のカヴァーを披露。自分はラウドネスって昔から、"Speed" "Esper" 以外は興味の対象外で今回の曲も全然知らなかったんだけど♪ロックンロールクレイジナーイ ユアーザヒーロートゥナーイ!♪というダサい歌詞には笑ってしまった。

終盤、"United Shoe Brothers" の長靴ビール飲みパフォーマンスを経てラストはIRON MAIDEN "Wrath Child" のカヴァーで〆。あっと言う間の1時間。楽しかった。そして演奏してるメンバー自身も満面の笑みを浮かべて楽しそうなのも非常にいい感じ。マルコはラウドネスのシャツ着ているしVo.のエリックはアタマに日の丸の鉢巻き締めている。

かつてはクソッタレBURRN!がアルバムを酷評したおかげでレーベルが音源の日本への輸出禁止措置を取ったという話も聞こえてきた80年代から二十余年、漸くバンドと、彼等を支持し続けてきた日本のスラッシャーの気持ちが繋がったような喜びが心の中にわき上がる。日本に来てくれて本当にありがとう!新しい音源が出たら今度はもっと長い日程で日本ツアーをやって欲しい。待ってるから!

物販、Tシャツが1種類しか無かったのは残念。自分は帽子の類をかぶらないのでベースボール・キャップもビーニーズも縁が無い。その代り、限定100枚のダウンロード・カードを購入。ライヴやリハ音源13トラック(曲としては11曲)がDL出来る。ライヴは近年のものなのでDVDや動画でアップされている通りの出来だが、凄いのは2013年のスタジオ・リハ(ライヴ)での "Money Talks"(CRYPTIC SLAUGHTER) と "Gore Flix" あと86年のリハ音源"Shark Attack" が最高にカッコいい。とんでもないスピード感!!この3曲が聞けただけでも良かった!!

トリはGRAVE。

1st と先日リリースされた2枚組のデモCDしか持っていない。何を隠そうスウェーデンのデス・メタルについてはSUNLIGHT Studioの音が嫌いで、NIHILISTがENTOMBEDになってリリースされた1st以降、興味が失せてしまった。フロリダのデス・メタル・バンドなどについてスコット・バーンズの創る音が嫌いな人が居るのと同じで、バンドが違うのにアルバムの音作りは同じという、型にハマった方法論はつまらないと思ってしまう。

DSC_1795_20140111010514ff5.jpg DSC_1796.jpg

そんなわけで結構、冷めた目で(笑)見ていたのだがやはりライヴで聴く音は音源とは違ってベースのゴリゴリする重低音が堪らなくカッコいい。そしてやはりブラストを使わないオールドスクール・デスはいいものだな、と思う。結局、ツアT買ってしまった。

今回の企画、小さな会場でバンドを近くで見られ感激した。仕事の特性上、ライヴに行こうと思っていてもなかなか予定が立たなかったりするのだが、昔から大好きだった WEHRMACHT をこの目で見ることが出来て本当に感動した。これまで見た外国バンドの中では、LOS CRUDOS、POISON IDEA と並んでみる価値ありありのライヴだった。多謝!!


スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP

Bandcamp もいいもんだ! / ホーム / 古いのと新しいのと


コメント:

『Re Comments : 』 ゴーヤーマンさん
WehrmachtとGraveが同時に見れるなんて夢のようでした。
特に、Whermacht独特のStop&Goがとても際立っていて、心に残りましたね。

バーンは取材に来たのか?www

月末のRotting Christも奇跡的な来日なんで、行きますよ。


2014/01/12(Sun) 11:59:23 | URL | [ Edit.]
『Re Comments : 』 さん
> ゴーヤーマンさん

まさに奇跡の初来日でしたね。良い時代になったものです。実際にライヴを見ても当たり前のように速い、というのが嬉しかったです。"Napalm Shower" がスローなアレンジになってしまったのだけが悔やまれますが。

たしかに「バーン!」来たのかどうか気になりますね。どの面さげてインタヴューするんだという(笑)来月号あたりいちおうチェックだけはしてみます。

ROTTING CHRIST私は行くかどうかちょっと迷ってます。SIGHも見たいですし。しかしまさか彼らまで来るとは思っていませんでしたよ。
2014/01/14(Tue) 06:47:24 | URL | [ Edit.]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。