I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/12/19 / 23:27

この時期に来て、ウィルス性の急性腸炎とやらで下痢が2日間続いている。

初日は吐き気もあったが、WEHRMACHT のようにゲロゲロと一気に2リットル以上吐いたら胃のムカつきと吐気は止まった。結局、こうなったらあとは整腸剤飲んで2~3日、耐えるしか治療法が無いってのが泣かせる。

そんなわけで、苦しみつつも音楽は聴いている。最近のブツを2枚。

DSC_1616-2_20131219232404b51.jpg

BLACK FLAG "What The..."CD

ロリンズやキース、ドゥコウスキやデズといった旧メンバーが集結しFLAGの名前でBLACK FLAGの曲を演奏している昨今、本家本元の御大グレッグ・ギンがBLACK FLAGを再結成し新譜をリリース。Vo.はRon Reyes。このどうしようもないジャケットでは聞く気も失せるのだが、一応「あの」BFである。期待半分、不安半分でPCに取り込む。

出てきた音は・・・紛れもないBLACK FLAG / Greg Ginn の音である。曲も1分台でスピーディーなものが連発する。リズム隊もVo.もまさにBFそのもの。音源で言えば、"Damaged" 以前の曲を"Slip It In" の重さとスピード感で再現しました、という感じ。1曲目からグングン飛ばす、カッコいい!!!と快哉を叫びたくなる・・・が・・・4曲くらい聞くと飽きてくる。そう、キメ曲が無いのだ。全22曲、ラストは3分の長尺曲だが基本的に同じような曲がずーと続くだけ。ハッキリ言って一気に全部聞きとおすのは辛い。

因みにCDも歌詞カード等一切無しでジャケの印刷されたペラ紙が1枚だけ。自分は輸入盤を買ったのだが、日本盤はこの音源にどんな提灯記事(ライナー)が付くのか楽しみではある。まぁ商売の特性上絶対に「キメ曲が無くてつまらない」なんてことは書けないだろうからな(笑)

続いて此方。

CRIME "Murder By Guitar 1976-1980"CD

「サンフランシスコで最初の、そして唯一の」ロックン・ロール・バンドCRIMEのシングル3枚にスタジオ・テイク9曲を加えた編集盤。自分は2004年リリースの編集盤"San Francisco's Still Doomed"CD と再発された"Hot Wire My Heart" 7'EPしか持っていないのだが、兎に角、切れ味鋭いR&Rがカッコいい。

見てくれも秀逸で。パンク・バンドの癖に警官の衣装着て監獄でバンド写真撮ってるなんてのも粋だ。個人的にパンク・ファッションとしては BLACK MARKET BABY とタメ張るカッコ良さだと思っている。チープな言い方になってしまうが、まさに「不良のロックンロール」という表現がピッタリくる。同じ不良でも初期のSOCIAL DISTORTIONのような何処となく内面の弱さを滲みださせたようなタイプとは違い、もっとやんちゃな香りがするのもミソ。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

スイッチ、オン!1,2,3!! / ホーム / コミック&小説


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム