I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/11/17 / 12:23

食欲の秋、到来である。

尤も、自分の食欲には春夏秋冬など全く関係ないのだが。

DSC_1522 (3)

そんなわけで昼は久しぶりの神田駅前「東京カオマンガイ」でカオマンガイトーの大盛り。パクチー2倍、青唐辛子増強仕様。夏の暑い時はもとより、寒い季節でもこのお店の自家製ジンジャエールは美味しい。あと、米の美味さ。浅草「夢屋」もそうだが、やはり日本人であるからには美味い米を食べたいと思うのが人情ってヤツだ。

夜は御徒町の南インド料理店「アーンドラ・キッチン」へ。

DSC_1524 (3)
DSC_1526 (3)

最近は銀座の「ダイニング」へ足を向けることが多く、此方には御無沙汰していた。おススメはハイデラバーディ・ダム・ビリヤニなのだが客の98%くらいが頼んでいるので勿論、そんなクソッタレたトレンドには真っ向背を向けてヴェジタブル・パコラ、タマリンド・ライス、トマト・パップー、マドラス・コーヒー。オーダーしたらお店の方から「ヴェジタリアン?肉、ダメ?」と尋ねられた(笑)

此方も久しぶりに食べてみて・・・こう言っちゃアレだが、やはりラマナイアさんが作る料理とはスパイスの突き抜け方がちょっと違うのだな、と改めて思った次第。勿論、美味しいけどね。

因みに此処に来る前、本当は同じ界隈にある完全ヴェジタリアン店「ヴェジハーブ・サーガ」へ行ったのだが1750を過ぎているのに厨房の準備が出来ていないのか料理人が出勤していないのかは知らないが、一向に料理を作る気配がない事、後から後から観光客みたいな女がどんどん入ってくる事、隣席のババァがまた偉そうなインド料理の薀蓄(笑)を語ってる事、そして最終的には相席させられそうになった事から、もう我慢できなくなって店を後にした。前回来た時も思ったのだが、飲食店であればもっと店内を綺麗にしておくべきじゃないのか、と思った事もあるのだが、もう2度と行こうという気はしなくなった。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

京都・晩秋弾丸ツアー / ホーム / 通常兵器で宇宙戦


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム