I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/10/27 / 08:35

先週から12月まで約2か月間、職場の研修に入っている不肖ワタクシ。

クソ忙しい実務から解放され、好きな勉強だけしてりゃいいという夢のような環境・・・なのだろうが最近は情報セキュリティの話がうるさくて、研修所にパソコンが持ち込めない。結果、こっちの更新頻度は更に下がる事となるわけだ。最大の悲しみは、最近の超マイブームであるNHK朝の連ドラ「ごちそうさん」(杏ちゃ~~ん♪)が見られないということだ。

さて昨日、新宿座で開催されている「緊縛の文化史」を見た後、夕食は初台まで歩いてウィグル料理「タリム」へ。時々ライヴを見に行く「初台WALL」の隣である。普通、WALLにライヴを見に行く客で、この店に入るハードコア・パンクスはまずいない・・・・と思う。

かく言う自分もウィグル料理というものを食すのは初めてである。埼玉に左遷されて以降、埼玉大学の横にウィグル/シルクロード方面の料理店がある事は知っていたが、いかんせん、いまは4輪も2輪も持っていないのでは仕方ない。

そんなわけで「タリム」。オーダーしたのは、以下の3品。

DSC_1496.jpg
カゥワゥルガ カワプ(ラム骨付串焼き)

日本でも未だに「羊は臭い」などと言う連中がいるが、まったくそんなことは無い。これを食べればそんな偏見も綺麗サッパリ飛ぶだろう。非常に美味。

DSC_1493.jpg
ポロ(ウィグル式ピラフ)
ピラフはヨーグルトを掛けて食べる。インドのビリヤニに酷似している。

DSC_1495.jpg
タリム・ラグメン(手打ちあんかけ麺)
麺は注文を受けてから打ち始める。腰が強く食べごたえがある。

というわけで、中華ともインド、ネパールとも違う・・・がその全てでもある不思議な味わい。しかし結構、美味しい。ある意味、日本人向けだと思う。また、機会があれば行ってみたい。


スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

さて、力学の話をしようか・・・ / ホーム / 変わらない・・・けどやはり、いい


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム