I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/10/17 / 01:47

先週日曜日、大久保EARTDOMで行われた UNITED THRASH NIGHT Vol.90 に行ってきた。

20130822_713478.jpg

この日は CRUCIAL SECTION と SLIGHT SLAPPERS の2マンに加えて現在ツアー中のダッチ・ハードコア CITIZENS PATROL がゲスト参戦。今回はUxTxN 開催90回記念という事で入り口でHiroさんからメッシュ・キャップをプレゼントされる。

開始は予定よりも押して19時過ぎ。1番手、CITIZENS PATROL。編集盤ディスコグラフィCDも最新EPも持っており、ライヴ見るのを楽しみにしていた。オランダというとすぐに浮かぶのがLARM、 SEEIN RED、PANDEMONIUM、MAN LIFTING BANNER等の激速スラッシュ・コア、思想左寄りというイメージなのだがC.P.はむしろUSハードコア影響下のスピード感がとてもカッコいい。ハッキリ言って特に際立つ個性があるわけではないのだが、今の時代だからこそ、このようなオールドスクールなハードコアバンドが現役で活動しているのは嬉しい。因みにバンド名の由来は政治的な意味ではなく「ポリスアカデミー;市民パトロール」である。

2番手、SLIGHT SLAPPERS。最近の音源を聴いたりライヴを見たりすると以前のパワー・ヴァイオレンス一直線な曲とは趣を異にしてよりノイジーでカオス、しかしR&R風のポップ感も盛り込むというカオスな音に深化してきたスラスラだが、この日はロングセットという事もあってか初期の曲もかなりやっており、1曲1分未満連発でとても面白かった。

3番手、CRUCIAL SECTION。新作EP1曲目、既にライヴでは御馴染みの "One Step Closer" でスタート。50分のロングセットなので新旧取り混ぜて久しぶりに "Against The Wind" からの曲も披露。ラストは"Let's Rise Your Hands" から"Warning" 、アンコールは"Faster, Louder!" の再演。ユーロ・ツアーの勢いそのままに(ってヨーロッパでは見ていないけど)いつも以上に気合の入ったライヴだった。しかし毎度思うのだけど、曲のキメにおけるジャンプがビシッと揃うのは本当にカッコいい。



OSC.jpg

UxTxNも90回を数え、これから100回、120回・・・と続くことを楽しみにしております。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

変わらない・・・けどやはり、いい / ホーム / サクセス・・・できねぇな


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。