I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/09/30 / 01:27

5月だったか6月だったかの恵比須リキッドでのワンマン以来、久しぶりのキノコホテルを見に下北沢Club Queへ。このハコへ来るのは昨年の「騒音寺 Vs キノコホテル」2マン以来である。

DSC_1454.jpg

20時頃、セッティングが終わり "エレキでスイム" でライヴ、スタート。全部で8曲か9曲くらいやったと思う。音源化されてない曲が3曲ほど。毎度の如く、自分はケメさんのギター・プレイが見たくてライヴに行ってるのだけど、今夜は支配人のキーボードとジュリ島さんのベースが兎に角素晴らしく、"Fの巡回" での延々繰り返される同じリフ(マイルスの "In A Silent Way" みたいだ)や "悪魔巣取金愚" 間奏部分でのちょぴりフリー・ジャズっぽい遣り取り、あとメンバー紹介時のショート・ソロでのベースのカッコ良さは際立っていた。考えて見ると、ベーシストが交代してから、これまで以上にリズムが腰へ来る演奏スタイルになり、曲に粘っこい強靭さが宿るようになったと思う。

あと支配人のキーボードも今夜はいつも以上に激しく、付け睫毛が落っこちる熱演だった。しかしあれだけ動きながらキチンと弾いてるのだから、どういうルーツを持っているのだろう、と見るたび感心する。こないだツイッターに貼られていた、これを見るたび、余計にそう思う。まさか John Zorn's Cobraのメンバーとしてライヴやっているとは知らなかった。



そんなわけで次回見られるのは、秋のツアー・・・かな。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

凶悪、狂気、そして・・・ / ホーム / ヨーグルト・カレーを2品。


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。