I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/09/17 / 01:39

以前にも書いたが、最近仕事中は蕎麦か饂飩かコンビニの惣菜しか食べていないので、休みの時くらいはスパイスの効いた、血の通った料理が食べたくなる。勿論、人から誘われなければ絶対に自分からは入らないファミレスとかジャンクフードの店になど自分が入るわけがない。

水道橋「海南鶏飯」
DSC_1406_20130917010900c0c.jpg
肉骨茶(バクテ)暑い時の滋養強壮剤はコレ。胡椒と鶏の出汁が良い風味を醸し出すスープが乙。

DSC_1405.jpg
ポークリブ・ブラックソース。甘味と酸味が合わさった真っ黒なソースで和えたスペアリブ。見た目はいまいちよろしくないが味は最高。

台風が関東地方を直撃した敬老の日。

当初は銀座「デリー」で今月のマンスリーカレーかチャナマサラをバトゥーラで食べる予定だったのだが、台風の影響で食材の入手とスタッフの出勤が困難という理由で本日休業の貼り紙が!気を取り直して「そうだ!さっき銀座線降りた時、エスカレーターで俺の前にいたの、たぶんナイルさんだよな!」と気が付いてバスで三原橋まで行くも此方も休業。仕方ないのでまたバスで数寄屋橋まで戻って入った ビアホール「ニュートーキョー」 で洋食。

DSC_1409.jpg
入口ディスプレイの蝋型でもひときわ目を引くこのデカブツ。黒豚のカミステーキ。この「カミ」が「紙のように薄い」のか「神がかった大きさ」なのか、はたまたその両方なのかは知らないが、こういう薄めのポークカツは昭和の香りがしてなんだか懐かしい。東京っ子なら勿論、ソースをドバッと掛けてキャベツと一緒に召し上がれ。

DSC_1410.jpg
此方、スペアリブ。最近、自分は本当にスペアリブが大好きなのだな、と改めて思う。やはり肉にかぶりつく食感、そして肉を外した後、骨の表面に貼りついた薄膜を歯で剥ぎ取り、つるつるになった骨を皿に並べておく快感は堪らない。

そして今夜。銀座は休業したが湯島本店はやっているとの情報を得て向かった「デリー」本店だが20時を過ぎているのに店の前には10人以上が並んでいる。俺は行列と相席は絶対しない事を信条としているのでとっとと河岸を変える・・・が、今日の〆は此処でチキン・バリVVHを食べようと思っていたので一日の最後にケチがつくのは良い気分ではないのだが、此処は気を取り直して湯島天神下の「ナワブ」にて夕食。

DSC_1411.jpg
チキン・マライ・テイッカ。よく「シディーク」等でジュージューの鉄板に乗ってくるタイプのアレ。

DSC_1413.jpg
ヴェジタブル・パコラ・・・だがこれは彼方此方で目にする「インド式精進揚げ」ではなくメンチカツ風味でなかなか美味しい。チャットニーが「デリー」でパコラを食べる時に付けてくれる辛いグリーン・チャットニーなのがとても良い。

DSC_1414.jpg
今日の〆。チャナマサラとバトゥーラ。今日のように豆のカレーをやたらと食べたくなることは時々あるのだが、漸く思いを遂げることが出来た。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ホワイト・パワー/ホワイト・プライド / ホーム / 最近の3枚


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。