I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/09/10 / 01:15

まさか21世紀の今になって、大好きな BL'AST! のアルバム、それも日本盤がリリースされるとは思ってもみなかった。まさに「感動!」である。

    Blast-Blood.jpg

しかしこのアルバム、元ネタはなんだろう・・・聞き比べても 2nd "It's In My Blood" と同じテイクに聞こえる。発掘された・・・と書かれているが、要するに "It's In My Blood" のマスターが行方不明になっていた、ということなのだろうか。その辺のインフォが全く書かれていないので全然わからない・・・が音質は最高だ。

基本的にSSTレコードがリリースした音源のCDはどれも皆、音がこもっていて音圧が低い。要するにアナログ音源をそのままCDに焼いたような音で現代において鑑賞に堪え得る音質/サウンド・プロダクションでないブツも多い。BL'AST!の音源も御多分に漏れずそうである。それがこのような凄まじい音で蘇るというのは実に画期的な事だと思う。ハッキリ言ってデイヴ・グロールなんて人にも彼が属していたフー・ファイターズやニルヴァナなんてバンドにも一切興味は無いのだが、これはとてもいい仕事をしている。"Someting Beyond" やはり何時聞いてもいいなぁ!!

というわけで日本では全く人気のない彼等だが、これを機にもうちょっと認知度が上がってもいいのではないか、と思った次第。因みに自分は2ndよりも1st "The Power Of Expression" のほうが好きなので、今度は是非この音質で"Time To Think / Surf And Destroy" "Fuckin' With My Head" 等をガツン!と料理してもらいたい。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

人には言えない職業 / ホーム / シンガポール~インド


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。