I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/07/15 / 00:58

土曜日の話。

国分寺でライヴを見る前に早めの夕食を駅北口のインド料理店「パナス」で取る。まぁ検索したら此処ともう一軒しかインド料理店がヒットせず、タイ料理店に至っては1軒も無いというエスニック不毛地帯なので、ライヴ会場から近い此処にせざるを得なかった、というだけの話なのだが。

メニューを開いて見ると・・・南インドのメニューがあるとは初手から期待していなかったのだが、なんだ・・・パン類は案の定、ナンとクルチャしかないのか・・・と思いつつもページをめくるとチャウメンとモモがある。よくある「インドの看板を出したネパール系」の店だと分かる。しかしダルバートは置いてない。

では何を食べようか・・・とカレーを見ると何と!ポークカレーがある。日本人経営の「デリー」ならわかるがスタッフ全員南アジア系の店でポークはかなり珍しいのではないか、と思う。(因みにビーフの類は置いてない)ならば、とポークビンダルーをヴェリ・ホットで。あとはチキン・マライ・ティッカ、ベーガン・パコラ、ターメリックライス大盛り。あと小さなことだが、ターメリックライスを「サフランライス」と偽って商売する外道インディアンが多い中で此処はハッキリと「ターメリックライス」と言ってるので好感が持てる。

チキンマライティッカ

さて、ティッカとパコラが到着して、そのポーションの大きさと量におどろく。通常の1.5倍くらいの分量がある。パコラのソースがチャットニーでなくケチャップなのはマイナスポイントだが揚げ加減と味付けは良い。

ベーガンパコラ

サイドを食べ終わってライス&カレー臨場。なれどライスの分量がまたハンパなく多いので追加でトマト・スープを注文し、ライスにかけカレーと一緒に食す。ネパール系の店でよくおいてある甘目のスープで大変美味。「サンサール」で初めて飲んだ時は、これだけでゴハンが何杯でもイケてしまうくらいに美味かったトマトソースだが此方のお店でも大変美味。ポーク・ビンダルーの突き抜ける辛さといい感じでバランスを取っている。

トマトスープポークビンダルー

メインのポーク・ビンダルーについては、先月「デリー」のマンスリーで同じ名を冠す「ポークビンダルー」を食したのだが、其方には程遠い出来で肉も若干の臭みが残って硬く期待外れ。全体の評価としては「まぁ競争の無い街のインド料理店としてはそれなりって感じだよね」レベル。きっと客のレベルも「カレーにナンにラッシー」だろう。

というわけでもし次回があるなら今度はネパール系の料理を食してみたいと思った次第。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

鰻...I miss you... / ホーム / 10年ぶりの国分寺


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。