I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/07/02 / 01:38

7月・・・である。

もう、今年の半分が終わってしまった。うかうかしていたらアッという間に盆が過ぎ、また一つ齢を重ね、秋が来て、ジングルベルを聞かされそうな勢いだ。

此処最近は音楽に対するモチベーションが下がっているような気がしてならない。レコード店に行っても気になるのは再発盤ばかりで新譜というものにあまり食指が動かない。時々「おっ!」と思う音源がリリースされても、今時ダウンロード・コードも付いていないアナログ盤なんて、自分にとっては全く意味が無い。

そんなわけで週末に引き揚げてきた再発盤2枚。

cacophony.jpeg

arrian.jpg
RUDIMENTARY PENI
"Cacophony"
"Pope Adrian 37th Psychristiatric"


88年の2nd と95年3rdがCRASS のスティーヴ・イグノラントがやっているSouthern Record からデジタル・リマスター&デジパック仕様で再発。

自分は昔からRUDIMENTARY PENY が大好きなのだが取り敢えずこの2枚を聞く前に1st "Death Church" と"Rudimentary Peni" "Farce" のEP2枚を先に聞いていただいてから、と思っている。因みに歌詞のモチーフにクトゥルー神話を用いた"Cacophony" は彼等の音源の中で最も再生頻度が低いブツである(苦笑)

3rdは2枚目に比べると音作りはストレートでシンプル。ハードコアな音ではないが此方は非常に好き・・・というか音楽のバックで(曲間も)ず~~っと"Adrian Pope says..."と呟き続けるSEが不気味で病んでいる。

そしてどの作品にも共通しているVoでリーダーのニック・ブリンコによる気が狂っているとしか思えない精緻且つ病的なアートワークが兎に角、最高。自分にとっては最高の絵描きである。

気になる人は此方のリンクから作品を見てみてね。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

七夕墓情 / ホーム / 「雨」と「眩暈」と


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。