I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/06/04 / 23:45

6月4日、天安門事件が起きた日・・・である。

此方の日記では極力政治ネタを扱わないようにしているので、飽くまでも音楽的な思い出話をすると、当時俺は大学4年生で、卒論の実験をやりながら研究室で FUCK GEEZ "No Way To Escape"CD を聴いていた。その中に天安門事件を題材にした曲が入っていたなぁ・・・・と今でも思い出す。

梅雨入りはしたものの梅雨前線は日本列島の遥か南に下がったまま連日、暑い日が続いている。最近は何かと忙しく帰って来るのが連日22時頃なのでなかなか運動に行ったり美味い飯を食に行ったりできないのが何とも残念なのだが、それでもバンドTシャツが映える夏が近づくと心は躍る。

そんなわけで新旧取り纏めて御裾分け。

DSC_1211.jpg DSC_1212.jpg
何時の間にか復活していた THE OBSESSED 。メリーランド・デス・フェス出演時の記念Tシャツ。勿論、オフィシャル。復活した SAINT VITUS で苦節ウン十年、漸く商業的な成功を収めたであろうWinoだが、心の中では「俺にもギター弾かせろ!」と言ってるに違いない・・・と思っていたらこっちも復活した。やはりギター弾いてる Winoはカッコいい。

因みにこのシャツはTHE OBSESSEDのFBからオフィシャル・ストアのリンクを辿れば簡単に入手可能。

DSC_1216.jpg DSC_1217.jpg
80年代USクスオーヴァー・スラッシャー WEHRMACHT。これはe-Bayで買ったブートT。今まで彼等のシャツはオフィシャル、ブート問わずかなりの枚数を持っているが、"Shark Attack" のデザインは持っていなかったので漸く入手、という感じ。イタリアの F.O.A.D.レーベルでも"Shark Attack" デザインの南米産のブートを売っているが、此方の方がプリントが遥かにデカい。ボディがトルコ製で厚手のガーゼみたいな質感がとてもいい感じ。


DSC_1214.jpg DSC_1215.jpg
数か月前に超久しぶりにライヴを見て感動した仙台の TOTAL FURY。これは2002年のUSツアーTシャツ。

DSC_1213.jpg DSC_1218.jpg
左:ダッチ・スラッシャー MAN LIFTING BANNER。もうすぐ来日するCITIZENS PATROLといいやはりLARM以来の伝統なのだろうが、この地域も良い、そして速いバンドが多い。MOB 47, DESPERAT で御馴染みのAkeの言葉ではないが、まさに「Play Fast! ハードコアの灯を消さぬよう!」だ。

右側:ボストン・ハードコア THE FREEZE。ありそうでなかった、そして欲しい人はかなり多いであろう "This Is Boston, Not L.A." デザイン。因みにこれ、e-Bayで買ったものだがオフィシャルである。パッケージ開けたらサイン入りのカードだのステッカーだのパッチだのCDEPも同封されている気前の良さで多少のプリントのズレくらいは目をつむってやろうじゃないか!という気持ちになる(笑)

スポンサーサイト

バンドTシャツ / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP

一代宗師 / ホーム / ひょうたん池のたまりBAR


コメント:

『Re Comments : 』 MADMAXさん
THE OBSESSEDのTサツ、カッコイイですね。メリーランドデスフェスに出演するために再結成していたとは驚きです。WINOはShrinebuilder, Spirit Caravan, The Hidden Handやら色んなバンドを起こしていますが、OBSESSEDが一番好きですね。勿論Vitusが最も好きですが。WEHRMACHTのTサツは偶然ですが自分もeBayで同じもの頼んでいて先週届いたばかりです。これからの季節が楽しみです。


2013/06/11(Tue) 12:48:25 | URL | [ Edit.]
『Re Comments : Re: タイトルなし』 Two Headed Dogさん
> MAD MAXさん

私もWino関連では THE OBSESSED が一番好きです。ソロでやっていたアコギの弾き語りもかなりイイ線行っていて好きですが。Vitus についても勿論好きですが、実際のところ一番聴く頻度が高いのは 1st だったりするので。やはりあれはデイヴ・チャンドラーのバンドなのでしょうからね。レイジーと超ハードワーキングの対極にありますがある意味、BLACK FLAG と非常に近い位置にいるバンドなのではないか、と最近は特にそう思います。

Werhmacht、お揃いですね(笑)やはり夏(も冬も!)バンT基本ですよ~♪
2013/06/12(Wed) 07:02:22 | URL | [ Edit.]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。