I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/05/20 / 00:25

今週は仕事がいつも以上に忙しく、且つ先週から引き摺っている体調不良の影響もあり、職場と住処の往復以外は全然しなかった。当然、食している物も職場の食堂や売店、近隣のスーパーマーケットで売っている物ばかりであるので、休日出勤した昨夜、仕方なく食べた、ネタとシャリの間にシソの葉なんぞを挟んだ「握り鮨まがいのSomething Wrongな何か」なんぞを摘まんでいると自分はリアル負け犬ではないのか、という自己嫌悪に陥りそうになる。
そんなわけで、今日は漸く休み。兎にも角にも「肉とインド料理!」が食べたくてしょうがないので、毎度御馴染みの「デリー」銀座店へ。

DSC_1191.jpg

DSC_1192.jpg

本日の御注文は、スリランカ・スペアリブ、ドライカレー大盛、コンチネンタル・カレー、〆のチャイ。

何度も書いているが、此処のお店のスペアリブは柔らかく肉厚で本当に美味しい。当然のように手掴みで食べるわけだが、分厚い肉にガッツリと歯を食い込ませて肉を引き剥がし、残った肉は骨の周り皮と共にこれまた歯で綺麗にこそげ落とす。よく男の癖にスペアリブをフォークとナイフでチマチマと解体して食べている奴がいるが、この手の料理は豪快に食べてこそ、本来の旨味が生きてくる。美味礼賛。

続いて、ドライカレーとコンチネンタル。ドライカレーにはラッサム・スープが付く。毎度の事ながら、ドライカレーの炒め具合が絶妙でたまらない。一時期、表面が多少ベチャッとしていた時が数回あったのだが、最近は安定したようだ。これにラッサムとコンチ(ポークカレー)を掛けて食べる。カシミールやコルマといったインドカレ
ーでなく、ジャパニーズ・スタイルのポークカレーを合わせるのが乙、と自画自賛。

そんなこんなで漸く食欲を満たし、且つスパイス不足で疲弊していた身体と魂に安らぎが戻って来た。再度、美味礼賛。

スポンサーサイト

/ TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

ひざくりげ / ホーム / にんげんだもの・・・


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。