I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/04/30 / 01:28

え~っと・・・「昭和の日」か、今日は。

もうすっかり日にちと曜日の感覚が消え失せてしまっている今日この頃。気が付けばもう、4月も終わりではないか。あと数日で5月になり、5月になったら6月の事を考えねばならず・・・結局、あっという間に夏が来て、誕生日が過ぎ、秋になり、年末がやってくるのだろう。子供の頃に読んだ「21世紀の未来世界」といった類の本によれば人類はもっと平和な世界で繁栄と幸福を享受している筈だったのだがな。

というわけで、僅かな幸せを探すためにもレコード屋と本屋とインド料理屋の巡礼は欠かせないわけだよ。

YDL CD
YOUTH DEFENSE LEAGUE "American History" CD

超名盤オムニバス "New York Hardcore : The Way It Is" に収録されていたYDLの87年~88年のライヴ盤。中古盤でサルヴェージ。右翼だのナショナリストだの言われている彼等だが、そんなことを言ったら当時のNYHCの多くが当てはまるだろう。

WARZONE Skinhead Security なんて頭文字がナチと同じロゴの「SS」だし、Youth Of Today だって初期の頃はドラムセットの後ろに大きな星条旗を貼り付けて「アメリカの若者よ、立ち上がれ!」なんてやってたわけでね。まぁこのCDを出しているのがVulture Rock って日本の鉄槌(SLEGDEHAMMER)等が収録されたコンピを出しているところなので思想的にはRAC系なのだろうがな。

でもってYDL、音の方は所謂NYHCユースクルーではないし、かといってキャッチーなOi!とも違う。どちらかと言うとSHEER TERRORとかSFAみたいな感じでミッドテンポ中心にグイグイ押してくる音はかなりイイ線行っている。内ジャケの写真、ブレイシーズ姿のVo.がMADNESS(UKのスカ・グループね)のメンバーに見えるのが笑える。



あと一枚。

AC4.jpg
AC4 "Burn The World" CD

スウェーデンのハードコア・バンドAC4 の2nd・・・とはいえ1stは未聴。

彼方此方でレヴューが書かれており、ひねくれ者の自分はあえてスルーしていたのだが結局、買ってしまった。聴いてビックリ。とてもカッコいい。メンバーがかつてやっていたバンド・・・REFUSEDにしろD.S.-13 にしろ全く心に響かなかったので「どうせライターの提灯記事だろ」と思っていたのだが、これは掛け値なしに良い作品である。

80年代のUS/ユーロ・ハードコアのスピード感、キャッチーなフックといった美味しい部分が全て網羅されている。ハッキリ言ってハードコアはかつてのように一番尖った音楽ではないかもしれない。しかし手垢が付いたようなオールドスクールのハードコアであってもそれを生かすも殺すも演者のセンスであって、彼等であるとか以前に此処で書いた THE BOSTON STRANGLER のようなバンドが出て来るかぎり、ハードコアは死なないと思いたい。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Tシャツ・マニア Garage Days... / ホーム / Indian Is Back!!!


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム