I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/04/06 / 02:21

4月に入って、めっきり暖かくなった。

2月までは外出時に絶対手放せなかった革ジャンを着る頻度が徐々に減っていることに気付く。またTシャツ1枚で歩ける季節がやって来るのかと思うと心が躍る。

ツイッターで写真を載せていたものもあるのだけど、こっちでちゃんと載せるのは初めて・・・の筈。

SOIA 1 SOIA 2
NYHC、SICK OF IT ALL の1992年欧州ツアーT。当時は着まくっていたのでかなりボロくなっているが未だに手放せないのだが、個人的に S.O.I.A.は 2nd "Just Look Around" までで終わってる。それだけ初期が凄過ぎたという事だ。

CRUMB 1 CRUMB 2
此方もNYHC/CROSSOVER、CRUMBSUCKERS のリユニオン・ショーの記念シャツ。入場料が$35の高値だったらしい、という事は後になって知った。1st "Life Of Dreams" は未だに色褪せないクロスオーヴァーの名盤。

Token 1 Token 2
またもNYHC、TOKEN ENTRY の2nd"Jaybird" ジャケデザイン・シャツ。自分はこの2nd より1stと3rdの方が好きなのだがたまにゃこういうベタなシャツを着るのもいいものだ。

Shark attack T
漸くNYCを脱して80年代USクロスオーヴァー・スラッシャー WEHRMACHT のオフィシャルTシャツ。再結成してのイタリアン・ツアー・フライヤ-のデザインを使ったブツでデザインもプリントの塩梅も大層カッコいい。

こっちはちょっと毛色が違うが、自分は BENEDICTION も大好きである。AUTOPSY 同様、ブラスト・ビートを使わないオールドスクール・デスはとてもカッコいい。

BENE 1 BENE 2
バックプリントの通り、93年のツアT。

スポンサーサイト

バンドTシャツ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

雨でもいいさ / ホーム / Free As The Wind


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム