I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/03/25 / 00:46

週末の釣果を3枚。

Darkthrone TUR
DARKTHRONE "The Underground Resistance"CD

ノルウェイジャン・ブラック・メタル・バンドの・・・って最近の彼等を「ブラック・メタル」とカテゴライズしていいものなのかどうかはさて置き・・・新譜。

"The Cult Is Alive" 以降、一般に「パンク/ハードコアに接近した路線」に音楽性をシフトさせてきたと言われる彼等だが、個人的には「あ~、ん~・・・悪くは無いけど何かが足りない。複数回聴きなおそうとは思わない」作品が続いていたので本作を店頭で見つけた時は買おうかどうしようか迷った。買った理由は単にジャケの絵が好みだったから(笑)しかし結果は・・・起死回生の走者一掃タイムリー3ベースヒットだった。

簡単に言うと「CELTIC FROST と80年代ユーロ・アンダーグランド・メタルのクロスオーヴァーを凄く上質なサウンド・プロダクションでやってる」。ただし面白いのが、音楽性も目指しているであろう方向性も完全にメタルなのだろうが、醸し出しているオーラがメタルじゃない(笑)ことである。かといって完全なハードコアの路線でもない。言ってみればUKのSACRILEGE とか ENGLISH DOGS のような感じ。疾走感溢れるソング・ライティングと"Valkyrie" 等で聞けるFenriz のハイトーン気味のVo.もかなりいい味を出している。収録は全6曲で5曲目は8分半、ラストは14分弱の大作だがこれを飽きさせることなく一気に聴かせる手腕も素晴らしい。個人的には「例の3部作」以降では最高傑作だと思う。

そしてこれを聞いたなら2枚目の "Pagan Winter" や "Kathaarian Life Code" を聴いてみて欲しい。表層的な変化はあるが新譜もまた同じ数直線上にある事が分かる筈だから。

2枚目。

Anatomia democd
ANATOMIA "Dead Bodies In The Morgue"CD

2003年と2009年のDemo2本にライヴ&リハーサル・テイクを加えたレア音源集。アルバムの方が多少、音質が良いというだけで基本的にはライヴもスタジオも変化なし。ズルッと引き摺るようなデス・メタル。

デス・メタルというジャンルにブラスト・ビートを持ち込んでメジャーなデス・メタルを確立させた張本人がMORBID ANGELとするなら、此方はAUTOPSY 等と並んでブラストを使わない「本来のアンダーグラウンド」デス・メタルを更に深化させたスタイル。速い曲をやっても速く聞こえない、という独特の逆転現象。殺しの現場から血液足跡を残しながら全力で逃げているような不思議な感覚が乙。

3枚目

Gate 希望絶望
GATE "希望=絶望"CD

先日購入した BROB とのスプリットCDがとてもカッコ良かったので探していた一枚。栃木のベースレス・グラインド・コア・・・つまりドラムとギター&Vo.の2人組。

メタル成分が殆ど混入していないピュア・グラインド。NAPALM DEATH "Scum"A面やDISCORDANCE AXIS に通じるスタイル。素晴らしくキレが良く、バカみたいに速い。7曲のスタジオ音源に加えてライヴ・テイクが2ステージ(7分と9分)分収録。客が「速すぎだよ!速すぎ!」と言ってるのが笑える。機会があったら自分も是非ライヴを見てみたい。

スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

中国女に気を付けろ / ホーム / 春になってもやっぱりカレー


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。