I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/01/16 / 00:34

あれだけ降った大雪も、好天のお蔭で大部分が溶けてしまった。

今日は雪かきをして、いい運動になった。しかし身体が不自由であるとか、そういった理由ならいざ知らず、自分の会社や店、家の前すら雪かきしない連中というのは一体何なのだ、と思う。そういう奴等は少なくとも「会社員」であっても「社会人」ではないのだろう。

そんなわけで先週末、入手したコレがとてもいい感じだ。

Kicker.jpg
     KICKER "Not You"CD

NEUROSIS、ex.FILTH、ex.DYSTOPIA のメンバー等から成るハードコア/パンク・バンドの1st。これまでリリースされていたのはアナログEPばかりなので漸くCDで聴けた。

ラッピングのステッカーに「SUBHUMANSとRUDIMENTARI PENIのファン向け」とある通りの音・・・なれど日本では全く人気の無いSUBHUMANS や極一部でしかウケないRUDIMENTARI PENI を持ち出しても果たしてどの程度の影響力があるかは甚だ疑問ではあるが。

もう少し具体的に書くと、メンバーの在籍していたバンドの音を想像するとコケるという事。ヘヴィ級のハードコアというよりはパンク・ロックに近い。リズムの取り方も含め、実にSUBHUMANS的ではあるのだが、歌詞に関してはUK流のひねったユーモアというよりはDEFIENCE を髣髴とさせる単純明快な "Fuck You Attitude" で謳われている内容もシンプル。クラストコアは聴いても臭くて汚らしいクラスティーズが大嫌いな自分としては"Crusty Island" の歌詞などニヤニヤしながら頷きまくってしまう。と書いてきて、DEFIENCEやCASUALTIESに通じる痛快さもある事に気付く。

少なくとも現在のNEUROSIS、或いはFILTH や DYSTOPIA よりは遥かに自分好みの音である。この調子でこれからも音源を出して貰いたい。




スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Break The Chain!!! / ホーム / 週末釣果


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム