I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2013/01/06 / 11:01

一月も、早5日である。

楽しい時は、疾風のように過ぎ去っていく。また、月曜から腐臭漂う埼玉なんぞで仕事しなくてはいけないのかと考えるだけで憂鬱になってくる。仕事に対する不満は一切ないのだが、働く環境というのはメンタルな部分に多大な影響・・・もとい、爪痕を残す。そんなわけでまた「一人になりたい」症候群噴出で都内外れのホテルに泊まってぶらぶらしていた。

清少納言が「枕草子」で記述しているように、冬は朝方が一番気持ちが良い。昔も書いたが横須賀勤務時代、寒い冬の明け方に馬堀海岸のボードウォークから観音崎灯台までの海沿いを走っていると、明け方の湾岸沿いに横須賀~千葉までグルリと連なる光のリングを見ることが出来る。観音崎周辺の高台から、昇ってくる太陽を見ると「これは神との邂逅なのではないか」とすら思えてしまう。

車を運転していてよく「薄暮時は事故が起こりやすいから注意するように」と言われるのは単に光と視界の加減と言うだけの話でなく、神、そして魔が一瞬だけ人間の世界に顔を出す「隙間」の時間帯であるからだ。

そんなわけで、ぶらっと湾岸。

DSC_1020.jpg

DSC_1026.jpg

DSC_1028.jpg

DSC_1031.jpg

DSC_1030.jpg

スポンサーサイト

東京百景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Twilight → Night / ホーム / Tシャツ・マニア Part.2013~「昔はよく着ていたね」篇


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。