I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/01/04 / 13:28

新譜 "Honor Found in Decay" がリリースされたばかりの NEUROSIS だが、未だに購入していない。その理由は、正直に言うと「最早購買欲が起きない」からである。

かつて、1st"Pain Of Mind" から 5th"Through Silver In Blood" に掛けて、NEUROSISは大好きなバンドであった。特に 2nd"Word As Law" はRUDIMENTARY PENI に対するUSハードコアからの回答だと思っていたし、で現在のスタイルの基礎となった 3rd"Souls At Zero" は今でも折に触れて聴き返す名盤である。

その「好きさ加減」に陰りが見えたのは 6th"Times Of Grace" からである。巷ではそれまでNEUROSISの事など話題にもしなかったような門外漢達による「アルビニとNEUROSISを聞いてる人達の感性は信用できる」といった底の浅い選民意識のようなものが蔓延し始めており、それに対する物凄い嫌悪感があったことも理由の一つだが、自分自身でも「もうこれより『先』は無いな」という事が見えていたのかもしれない。

以降、アルバムが出るたびに聴きつ続けてきたが遂にその購買意欲も無くなってしまった。

そんな夢の残骸、ではないが先日、実家に帰ったら昔、よく着ていたNEUROSISのシャツ類が色々出て来たので貼っておこう。

  DSC_1005.jpg
2nd "Word As Law" の頃に買ったシャツ。

DSC_1006.jpg DSC_1007.jpg
3rd "Souls At Zero" の頃。

DSC_1008.jpg DSC_1009.jpg
4th "Enemy of The Sun"。テンタクルズから出ていたってのが時代を感じさせる。

DSC_1010.jpg DSC_1014.jpg
5th "Through Silver In Blood" の頃。当時、ひたすらこのシャツばかり着ていたので、この手の音楽を全く聴かない職場の人達も "NEUROSIS" という名前だけは知っていた(笑)

DSC_1012.jpg DSC_1013.jpg
7th "A Sun That Never Sets"デザインのパーカー。これも良い感じでボロボロになっている。

あと1枚 6th "Times Of Grace" の頃に買った、鎌と蛇のデザインのシャツがあったのだが、それは破れたので捨ててしまった。

まぁ、我ながらよく買い集め、そして着ていたものだと思う。それだけ思い入れも強かったという事なのだろうな。

あと、実家発掘の番外編1枚。

  DSC_1004.jpg

約25年ほど前、高円寺BOYで入手した NEGATIVE APPROACH のシャツ。当時は結構、出回っていたと思う。この他に同じデザインでロゴ部分の地色が赤でなく黄色のブツも持っていたのだが、昔々 ACID (こないだHAZARDがカヴァーしていた東京のハードコア・バンドね)を最前列で見ていた時、後ろにいた奴が俺のガンベルトに足を掛けて背中によじ登り、其処からダイヴしたのでシャツの背に AGNOSTIC FRONT のTシャツ・デザインのようなブーツの足跡が印象され、おまけに帰宅して洗濯しても落ちないという体たらくで何時の間にか無くなってしまった。

最近ではこのデザインも全然見かけなくなったな。




スポンサーサイト

バンドTシャツ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Night → Dawn / ホーム / エンジン獅童・・・じゃなくて始動


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム