I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2013/01/04 / 12:18

世間様では今日が「仕事始め」なのだろうが自分は6日まで休暇なのでまだまだのんびり。尤も、イヴも大晦日も仕事だったのだから休んだって罰は当たらない。

そんなわけで、大晦日は職場のTVで、数年ぶりに紅白を見て(Perfume見たかっただけなのだが)元旦から3日までは神奈川の実家に戻り、御節を食しアナログ盤を中心とした昔の音源を聴き、終日のたりのたりと過ごしていた。

    DSC_1017-4.jpg
実家では WRETCHED と OUT COLD 聴きまくり。初期は GG ALLIN テイストが色濃く残るハードコアだったのだが次第にGG的要素が後退し、2枚目以降はシャープ、シンプル&ソリッドなスタイルが定着。特にイギリスの VOORHEES とのスプリット盤、1曲目~2曲目の繋ぎは鳥肌立って座り小便漏らしてしまうくらいカッコいい。初来日公演が土壇場でキャンセル(会場に行って知った!)となり以降 Vo.の急逝でバンドは解散。遂に生で見ることは叶わなかったのが今でも残念無念。

此処最近は、新年の親戚廻りをする機会もめっきり減ってしまったのだが、代わりに親戚の方からうちを尋ねてくるようになり、2日は寿司を取ってとりとめのない昔話などを聞いているのだが、その中で、かつてうちがまだ新橋の花柳界と繋がりがあった頃、銀座の家によく版画家の棟方志功が絵を売りに来ていた、という話には驚いた。

「それ、当時買い集めておけばひと財産だったじゃないか」
「いつも『絵を買ってください』って来てたんだけど余りにも汚い格好なんで追い返してたのよ。まさか後になってあんなに売れるなんて思っていなかったわ」

まぁ世の中なんて、そんなもんだろう(苦笑)

3日は初詣に行った・・・が余りに混んでいて断念。初詣と言えばずーーーっと神田明神に行くのだが例年であれば空いている1月第2週目以降と決めている。しかし昨年は様子見で3日の18時頃に顔を出したらいい感じで空いていたので今年も・・・と思ったのが運の尽きだった。結局、いつもの通り来週以降に行く事になったという次第。お蔭で返納するはずだった将門公の御札はそのまま持って帰ってくる羽目になってしまった。

明神様を出て清水坂を登り、混雑する湯島天神を避けて手前のラブホ街を抜けて湯島まで。新年初インドは「デリー」で。毎年新年初頭は「東京カレー行脚」に出て来た田舎者が行列を作っているのだが、昨夜は珍しく空いていた。ストロング・ドライカレーのヴェリ・ホット、コルマ・ポーク、スワミシェフ特製・茄子のピクルス、〆のチャイ。やはり鮨屋お節料理より、インド料理を食べて漸く「新年」なのだな、と毎年のように思う。

DSC_1017.jpg
観光客が消え、静けさに包まれた不忍池。弁天堂の背後に屹立するスカイツリー。

というわけで、漸くエンジン始動。今年もよろしく。

スポンサーサイト

諸々の徒然 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

Tシャツ・マニア Part.2013~「昔はよく着ていたね」篇 / ホーム / 辰 → 巳


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム