I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

2012/11/18 / 10:26

土砂降りの雨の中、大久保EARTHDOM で開催された

   532165_429270503793414_1501696561_n.jpg
  「闇黒の密儀night of the doomed ones vol.1」

に行ってきた。

出演は、

ANATOMIA
ALBIORIX REQUIEM
FUNERAL MOTH


の3バンド。お目当てはANATOMIA で「当然、トリで出るだろう」と思っていたのだが予想外の1番手。いつものように20時近くなってから入っていたら見逃していた。頻繁にライヴをやらないバンドだけに、数年ぶりに見ることが出来て本当に良かった。

彼等のライヴを見たり音源を聴いていて思うのが、「フューネラル・ドゥーム」「ドゥーム」というジャンルが確立されてから、それをやり始めたバンドとは違い、飽くまでも「ヘヴィ・メタル~スラッシュ・メタルを経てデス・メタルに至り、其処からスピードを遅くしていった」事で、その辺が昨今巷に溢れる「スローな」バンドとは完全に一線を画する理由なのだろうと思う。そう、「ドゥーム」でなく飽くまでも「デス・メタル」な音と曲の質感が堪らなくカッコいい。

尚、昨夜は3バンドということで約1時間にわたってたっぷりとライヴを楽しむことが出来た。感謝。

   Anatomia Tshirt
ANATOMIA の新Tシャツ

239304-2.jpg 239304-1.jpg
Nuclear War Now! 今年の "Live Ritual Volume 3" フェスT。ダサダサだった初回のシャツと比べて雲泥のカッコよさ。やはりクリス・モイエン画伯が手掛けると違う。出演者もかなりイイ線行ってる。BLASPHEMY, PROCLAMATON, REVENGE って凄すぎ。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

挿絵に纏わるエトセトラ / ホーム / 恐怖の楽しみ


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。