I Don't Care About You !

ニヒリズムとナルシズムの狭間で


Entries.

2012/11/12 / 01:50

週末の中古盤釣果を。

SIN 34
SIN 34 "Die Listening 1981-1984 A.D" CD

L.A.初期ハードコア・パンク・バンドのデモ/リハ/ライヴ音源編集盤。パンク~ハードコアの橋渡し的音。西海岸で女性Vo.というと真っ先に名前が挙がるのがペネロープ・ヒューストンを擁するサンフランシスコの THE AVENGERS だが此方のジュリー・ランフェルドも決して負けちゃいない。しかし何故彼等がTHE AVENGERSの知名度と比べ日本では殆ど無名だったかといえば、「THE AVEBGERS は DEAD KENNEDYSのジェロ・ビアフラがDK'sを結成する原動力になったバンドだから」という理由のみに他ならないと思う。だからちょっと興味ある人は是非一度聞いてみて欲しい。



2枚目。

copertinathefuriousyears.jpg
V.A. "The Furious Years Of Italian Hardcore Punk" CD

イタリアン・ハードコア・パンクのレア7インチEP集。収録されているバンドは

WRETCHED,
DECLINO,
EU'S ARES,
PEGGIO PUNX,
FALL OUT,
IMPACT

既にディスコグラフィで出ているバンドが大半で、自分はEP音源を買い集める趣味が無いので「編集盤CDが出てから一気に聴けばいいや」とスルーしていた1枚・・・だがやはりこうして纏めて聴くと、超字余り歌詞を無理やり乗っけて捲し立てるイタリア語Vo.の破壊力に改めてヤられる。

個人的に一番好きなのは DECLINO なのだけど、PEGGIO PUNX の木琴かショボイ木魚のようにポコポコしたリズムとやる気があるのだか無いのだか分からないようなVo.の♪しもしもしもしも♪は凄い衝撃(笑激)。やはりイタリアは侮れない(笑)



3枚目。

Unholy grave revoltage
UNHOLY GRAVE "Revoltage" CD

名古屋グラインダー何枚目かわからないアルバム。2007年。リリースを全て集めているわけではないので時々気が向くとこうして買ってみたりするのだが NAPALM DEATH というよりは AGATHOCLES な剃刀の刃を研いでいるような音がカッコいい。個人的に小松さんというと俺のような年寄り世代にとっては「DEATHPEEDの」なのだが、そうしたほんの僅かなメタルっぽさがとてもいい作用を産んでいるのではないか、と思っている。



スポンサーサイト

音楽 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP

正義じゃないのさ、損得勘定なのさ / ホーム / 見てはいけない・・・恐怖の原体験


コメント:


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック:

ホーム